利率のない現在では貯蓄よりも不動産投資が失敗でとても良い

貯蓄だけでは老後はのりきれない

514-A.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

 現在の日本は高齢化社会になって年金支給者も今後増加してきており国が支払う年金が増えるなか今後年金が今まで通りにもらえる保障もないために多くの方が将来のための貯蓄をしていると思います。だだ現在の低金利の社会においては銀行に預金をしていただけではお金も増えずお金の流れもでないためにタンス預金と同じ結果になってしまいます。老後のために資金は増やしたいと思っていても貯蓄することは銀行に預けているだけという人が日本においてはまだ多い印象です。政府も銀行預金から資金を動かすために株式市場へ流入させるように様々な政策を行っています。ただ多くの国民にとっては多くの株式を大量に購入することは簡単なことではなく現実的ではないです。株は余裕のある資金のなかですることがとても良いです。株は銀行の利率よりも利益が望めますがリスクもあります。

リスクが株よりも少ない不動産投資はおすすめ

514-B.jpg

出典:スウェーデンハウス

 それでは株よりもリスクでできる簡単な投資はないかと皆が思っていると思います。それは不動産投資がリスクが少なく多くの利益が得られる投資なのです、不動産投資は株と違ってゼロになることはあまりないのでリスク回避の点からもとても優れています。また自分で不動産を買わなくてもできる投資もあるので初期費用もそれほどかからずにすみます。またこれからインフレになって土地の値段が上がることが将来予想されています。東京オリンピックによって東京の土地は上がってきており不動産の値段も上がっている今少しの金額からでもできる不動産投資は株式よりもとてもおすすめできます。得られる利率も銀行預金とは比較にならないくらいに高いものになっています。現在は不動産投資の細かいところまで分かれているのでできるだけリスクなしのものもあります。

なぜリートの利率は高くなっているのか

514-C.jpg

出典:U-NOTE

 不動産投資の良いところは将来日本に予想されているインフレにも対応でき将来年金だけでは不安に思っている人の副業にぴったりなところです。不動産投資は若いときから早いうちに始めるとより大きな利益を得ることができるのでできるだけはやいうちから始めることがおすすめです。日本は今後税金や物価も上がるため貯蓄だけでは生活することが困難になってきます。将来の生活設計のためにも利率の低い銀行の預金から大きな利益が得られリスクが抑えられる不動産投資に移行することがとても大事です。リスクなしに近い状況が多くの不動産投資が盛んになってきた現在では知識を得て戦略的に若いうちから不動産投資にお金を回すことで将来の不安から逃れることができます。少額からできる不動産投資もでてきているので年金以外の副業としてとてもおすすめしたいです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ