利率の高さに魅力があるリートとその理由

リートには利率の高さに関するメリットが

515-A.jpg

出典:IRORIO(イロリオ)

投資商品には様々な種類がありますが、その1つはリートです。リートは、いわゆる投資信託の1つになります。
仕組みを簡単に申し上げると、まず不動産投資をしている方々がお金を集めることになるのです。いわゆる投資家が、様々な方々から出資金を募るスタイルになります。
そして集めたお金を用いて、様々な不動産物件に投資をする事になるのです。それで発生した利益を、今度は出資者の方々に分配するというシステムになります。
そしてリートの場合は、その比率が利率の高さに特徴があるのです。実は投資信託には、他にも色々なタイプがあります。中には株式に関する投資信託などもあるのですが、リートの場合はそれよりも利率が比較的高めになっている訳です。その利率の高さに、魅力を感じている方も非常に多いですね。

預金商品などよりも利率が高めになっているリート

515-B.jpg

出典:konfrontasi

ではリートの利率が客観的にはどれ位の数字になっているかと申しますと、3%前後の商品が目立ちます。もちろん商品によってもその数字は異なっているのですが、たいていは3%前後になっているのですね。
そしてその数値は、預金商品などに比べればかなり高めになります。預金タイプの商品の場合は、3%どころか1%にも満たないケースが珍しくありません。0.1%未満の商品なども、しばしば見られるのです。それに対してリートの場合は上記のような状況なのですから、単純計算で数十倍という事になります。ですので銀行にお金を預けたままにしておくよりは、リートの方が効率的に資産を増やせるとの考えもあります。
なおそのリートの利率は、ランキングなどで確認をする事ができます。リートの各商品を一覧表形式で掲載しているランク付けサイトなどもあるので、それを見てみると各商品の利率の違いも確認できるでしょう。

関係ない情報をTwitterでつぶやき続けるのは?

515-C.jpg

出典:みちくさ学会

ところでリートでそれだけ高めな利率を達成する事ができる理由は、その商品のシステムなのです。リートという商品では、多彩な不動産物件に対して投資をしているのです。1つの不動産物件だけでなく、それこそ多種類の物件投資を行っています。
ところで不動産投資には、空室に関するリスクがあります。不動産物件で利益を目指したくても、空室が発生してしまえば赤字になってしまうのですね。しかしリートの場合は多彩な物件に投資をしていますので、その分全体的な空室の率が低めになるような工夫がなされているのです。それで赤字率が比較的低めになりますので、それで利回りが高めになってくる事が多いのですね。もちろんその利回りの高さは、リートの各商品により異なります。
いずれにせよリートは、かなり利率が高めになっている事だけは確実でしょう。リスクがある事を考慮しても、その率の高さは魅力的と言えます。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ