Twitterでの都市綜研インベストファンドの動向

都市綜研インベストファンドはTwitterを利用していない

532-A.jpg

出典:FOR M

顧客とのつながりを重視する企業の場合、自社公式のTwitterアカウントを保有していることも少なくありません。
しかし、都市綜研インベストファンドではTwitterアカウントは保有していません。
広報活動に積極的ではないのかなと思ってしまいそうになりますが、別にそういうわけではありません。


そもそも、都市綜研インベストファンドの主な事業は、不動産への小口投資商品であるみんなで大家さんの販売ですが、みんなで大家さんの販売は都市綜研インベストファンド単独でやっているわけではなく、みんなで大家さん販売株式会社と連携してやっています。
そして、説明会イベントの開催や、投資家への分配金情報の告知などは、みんなで大家さん販売株式会社側がやっています。
一方、都市綜研インベストファンドは関係省庁へのレポート作成や、物件の調査・仕入れを主にやっています。


つまり、都市綜研インベストファンドは業務内容的にあまりTwitterを活用する意味が無いので、アカウントも保有していないということなのです。

都市綜研インベストファンドの情報をTwitterで収集するには

532-B.jpg

出典:セルコホーム

都市綜研インベストファンドがTwitterを利用していなくても、都市綜研インベストファンドの情報をTwitterで収集することは可能です。
例えば、シンプルに「都市綜研インベストファンド」とTwitterの検索フォームに入力するだけで、関係者のツイートが複数件ヒットします。


もちろん、TwitterでなくともGoogleで検索しても情報は収集できますが、Twitterは体験談情報に強いのが特徴です。
また、一般人の利用者が多いので、企業とは無縁の中立的な立場からの情報が手に入るのも特徴です。


なお、もっとたくさんのツイートを閲覧したいと思ったのなら、省略形の「都市綜研」で検索してみるのもいいでしょう。
関連会社の都市綜研インべストバンクの情報も混ざってくるので少し注意が必要ですが、ヒット件数は大幅に増えます。
さかのぼって2009年ぐらいのツイートまで調べていけば、かなり充実した情報が得られるでしょう。

都市綜研は不動産という身近なものが対象

532-C.jpg

出典:トディーブログ

どちらかと言えば、都市綜研インベストファンドより、その投資商品の、みんなで大家さんという名称のほうが知名度が高いです。
そのため、Twitter上でも、みんなで大家さんについての口コミ情報のほうが多く見つかります。
大量の情報を収集したいなら、都市綜研インベストファンドについて調べるより、みんなで大家さんについて調べるほうが効率が良いかもしれません。


ただ、都市綜研インベストファンドという語を使ってツイートする人は、かなり専門的知識を持った人が多い印象です。
みんなで大家さんは投資初心者でも始めやすいのが魅力なため、投資家としての知識が不足気味の人も多いでしょう。
そういう人は、Twitterで都市綜研インベストファンドについて調べてみると、行政処分を巡っての大阪府との争いに関する詳細情報なども得られて勉強になるでしょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ