リートと都市綜研とクラウドバンク、あなたにふさわしい投資法は?

個人投資家の選択肢を増やした、リート、都市綜研、クラウドバンク

534-A.jpg

出典:株式会社小堀建設

不動産などに投資することで安定した資産運用を可能としたい、けれどそんなまとまったお金はないし、銀行もローンを組ませてくれないということは多いものです。そんな悩みを解決してくれる方法としては、リートが有名ではないでしょうか。不動産を証券にして株式市場に上場することで、一般人でも大規模な不動産の一部に投資することが可能となるものです。
リートに似たものとしては、都市綜研のファンドがあります。こちらも不動産メインの投資商品ですが、証券取引所に上場されていないので値動きすることがありませんし、投資家とファンドが直接契約しますから、想定分配率が高く、レポートを受けとることができるのもメリットです。
都市綜研やリート同様、多様な資産運用方法を個人に提供するサービスがクラウドバンクです。不動産のみならず、ローン債権やファンドへの投資も行っているのがクラウドバンクの特徴です。

個人投資家が選ぶべきは、都市綜研かクラウドバンクか、それともリートか

534-B.jpg

出典:U-NOTE

個人投資家に小額投資の手段を提供してくれるこれらの商品ですが、どれを選べば良いのでしょうか。当然ながら、投資の目的や運用スタイルにより異なりますので、順番に見ていきましょう。
まず、もう証券会社に口座を持っていて、今すぐに不動産投資を行いたいという方には、リートがおすすめです。株式と同じようにオンライントレードで気軽に購入できるだけではなく、売るのも簡単ですから、短期投資にぴったりです。
一方、もうちょっと腰を据えて本格的に投資したいという方には、リートではなく、都市綜研かクラウドバンクが向いています。これらはいずれも会員制サービスであり、セミナーも開催していますから、投資をしているという実感を得られることは間違いありません。不動産主体なら都市綜研、ヘッジファンドとローン債権も選択肢に加えるならばクラウドバンクと言えるでしょう。

少ない手間で貯蓄を増やせるみんなで大家さん販売のクラウドバンク

534-C.jpg

出典:Images For

まとめますと、株と同じ感覚で不動産投資をしたい方にはリートが、もっと本格的に不動産への投資事業に携わりたいならば都市綜研が、不動産だけではなく債権とファンドも組み入れた商品で運用を行いたいならばクラウドバンクが適していると言えるでしょう。
しかし、どの商品にも長所があり、どの取引スタイルも自分に向いているから、どれを選ぼうか迷ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのは、これら全てに分散投資する方法です。
今は銀行預金でさえペイオフが解禁されていますから、一か所だけに投資するのではなく、複数の投資先に資金を分散させるのが当たり前ですね。ですから、ある程度の値動きは許容できるお金はリートに、やや長い期間不動産への投資を行いたい分は都市綜研に、より高い利益率を実現したい資金はクラウドバンクへと分散させることで、リスクを低減させられるのです。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ