投資か、貯蓄か?知っておきたい預金利率のこと

預金利率はどういったものなのか

542-A.jpg

出典:ラブフリーフォト

 預金口座は誰しもが持っているもので、暮らしには欠かせないものです。少額だとあまり気になりませんが、大金を預けていると否が応でも知りたくなるのが預金金利のことでしょう。一体預金利率は最近ではどのようになっているのでしょうか。
 預金利率は平成に入ってからというもの、下がり続けてきました。日本の中央銀行である日本銀行の政策による影響が大きいのですが、その結果として預金をしても余り利息が貰えないというような状態になってしまっています。普通の銀行預金で一年の利率が1%を超えるといったものはなく、定期預金でも微々たるものなのです。そんな日本の利率ですが、現状を嘆いていても仕方がありません。寧ろこれを逆に好機に変えていくといったことも出来るのです。その一つの方法が積極的な投資なのです。

投資で低金利を有利に利用する

542-B.jpg

出典:COFEMER

 低金利の時代に取りたい戦略として積極的な投資が上げられます。実際これは大変おすすめできることで、今まで投資をしたことがないという人にも試してみて欲しいものです。その理由として低金利だと他の人もより投資に手が伸びるということが言えます。銀行にお金を預けておいても低い利率では資産は全く増えませんから、投資に活路を見出すのは当然のことなのです。そのため株や債券に手を出すといった人が増えているといったことは覚えておきましょう。みんなが投資をし易い環境にあるということは、それだけもうけることが簡単ということとも同じなのです。
  他にも、外貨預金をすることも大変お勧めできます。日本の金利が低い訳ですから、外貨預金をしてしまえば無理なく資金を増やしていく事が可能なのです。

マリオンボンドとは?

542-C.jpg

出典:セルコホーム

 外貨預金は初心者でもできるとしてオススメな方法で、手続きなども銀行の窓口に全て任せてしまえるので手間がありません。外貨預金をする上でオススメな国がオーストラリア等の高金利国です。オーストラリアは特にオススメで、正常も安定していますし、高金利が今後数年は続くと予想されています。オーストラリアのような高金利で外貨預金に適している国は他にもニュージーランドがありますが、これから外貨預金をするならばアメリカも見逃せないでしょう。というのも今後数年はドル高が続くとともに、利率も上がっていくために、外貨預金のメリットを最も活用できるからです。銀行でもアメリカの外貨預金は最も手数料が少なく利用しやすいものの一つとなっており、是非とも少額でもいいですから試してみて欲しいものです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ