高利率で貯蓄を増やせる都市綜研インベストファンドとマリオンボンドの主たるメリット

貯蓄を増やすための都市綜研インベストファンドとマリオンボンドの利率に関するメリット

547-A.jpg

出典:ナナピ

貯蓄額を増やすためには、利率が大きなポイントになります。できるだけ早いペースで貯蓄を増やす事が求められるのですが、そのためには利率が高い方が望ましいのです。利率が1%よりも5%などと高めになっている方が、それだけ早く貯蓄額を増やす事ができるからです。
このため最近では、多くの方々が都市綜研インベストファンドやマリオンボンドなどの商品に着目しています。なぜならそれらの商品は、貯蓄額を増やすための利率にメリットがあるからです。その2つの商品は、どちらも年間利益見込み率が6%前後という状況になります。現在の日本では貯金商品の利率が1%未満という状況なので、効率良く貯蓄を増やせる見込みがあるのです。
また6%という数字は、数ある不動産投資の商品の中でも高めです。そのタイプの投資商品は平均値が年間3%という状況なので、2倍近くの数字になっているからです。

都市綜研インベストファンドとマリオンボンドの初期資金に関するメリット

547-B.jpg

出典:シモデンホーム

ところで都市綜研インベストファンドとマリオンボンドには、最初に必要な資金に関するメリットもあるのです。
本来不動産投資では、かなりまとまった資金が必要になります。不動産物件を購入するために、数千万円ほどの資金が必要なケースも珍しくありません。そのためにローンを組まなければならないケースも多々あります。貯蓄を増やすためにローンを組むのは敬遠したい方も、多数見られるのです。
しかし都市綜研インベストファンドとマリオンボンドは、その資金はかなり低めになります。1口あたり100万などで購入をする事ができる商品なので、それだけ低い資金で投資を始める事ができるのです。
つまり投資を始めやすい商品という事になります。現在の貯蓄額があまり多くない方でも、手軽に始める事ができるでしょう。

分配金の受け取り回数はマリオンボンドの方が都市綜研インベストファンドより多い

547-C.jpg

出典:U-NOTE

ところで貯蓄を増やすために不動産投資を始めるとなると、会社の信用面に関する不安が浮上してくるケースもあります。投資会社の健全性は問題無いのかどうか、気になる方も多数いらっしゃるのです。
上記の都市綜研インベストファンドとマリオンボンドは、その信用面に関するメリットもあります。なぜならマリオンボンドは、かなり実績が長いからです。
マリオボンドはマリオンという会社が取り扱っている商品になりますが、年数はすでに50年を経過しています。それだけ不動産投資に関するノウハウも蓄積されている訳です。また都市綜研インベストファンドも、会社の健全性は問題無いと多くの方々は評価しています。
そもそも貯蓄を増やすとなると、長い間運用をする事になります。そのため投資者としては、信頼できる会社に投資したいと考えている事も多いのです。都市綜研インベストファンドとマリオンボンドは信頼性が高いので、その点も安心です。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ