都市綜研インベストファンドのリートとマリオンボンドの利率と手数料と受け取り回数に関する違い

都市綜研インベストファンドによるリートはマリオンボンドに比べて利率は高い

548-A.jpg

出典:ウーリス

都市綜研インベストファンドでは、様々な投資商品を提供しています。そしてその会社による商品は、いわゆるリートです。多くの方々から資金を募って、利益獲得を目指す商品になります。
それとマリオンボンドも、メリットの1つになります。マリオンという会社による商品なのですが、それも都市綜研インベストファンドと同じく物件投資をする商品です。
ところでその2つの商品には、幾つかの違いがあります。主に3つの違いがあるのですが、その1つとして利率の高さが挙げられます。
都市綜研インベストファンドのリートの場合は、年間利益見込み率は6%です。それに対してマリオンボンドの場合、3.6%という状況になっています。したがって投資商品に対して利回りの高さを求めているのであれば、都市綜研インベストファンドのリートの方がマリオンボンドよりもメリットが大きい訳です。

マリオンボンドに比べて手数料が低めな都市綜研インベストファンドのリート

548-B.jpg

出典:Web Marketing Pros

そして都市綜研インベストファンドとマリオンボンドには、手数料に関する違いもあるのです。都市綜研インベストファンドのリートの方が、マリオンボンドよりは手数料がリーズナブルになります。
まず都市綜研インベストファンドのリートですが、現時点では手数料が無料になります。ちなみに何口購入しても、手数料は無料です。
それに対してマリオンボンドは、1回の購入につき2万円の手数料が発生する事になります。ですので手数料の低さを求めているのであれば、都市綜研インベストファンドのリートの方がマリオンボンドよりもベターです。
なお上記の手数料の状況は、あくまでも現時点のものになります。今後の状況によっては、都市綜研インベストファンドとマリオンボンドの手数料が変動する可能性はあります。
このような状況なので、都市綜研インベストファンドのリートには利率と手数料に関するメリットがある訳です。

都市綜研とインベストプラスは単なる貯蓄にあらず、成長し続ける

548-C.jpg

出典:シモデンホーム

以上の2点を考慮するとマリオンボンドよりも都市綜研インベストファンドのリートの方がメリットが大きいように見えますが、マリオンボンドには分配金が支払われる回数に関するメリットがあります。
前述のようにどちらの商品も、利益獲得を目指す商品になるのです。そして利益が発生した時は、出資者に対して分配金が払われる事になります。その回数に違いがあるのです。
まず都市綜研インベストファンドによるリートの場合は、1年間に6回受け取る事ができます。それに対してマリオンボンドは、1年間に12回受け取れるのです。つまりマリオンボンドの方が、都市綜研インベストファンドよりも小刻みに受け取る事ができます。
投資家によっては、分配金をできるだけ細かく受け取りたいと思っている事があるのです。そのようなニーズがあるならば、都市綜研インベストファンドによるリートよりもマリオンボンドの方がメリットが大きい訳です。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ