貯蓄増加の為の都市綜研インベストファンドとインベストプラスのリスクと手間

貯蓄を増やす上での目標利益率が高い都市綜研インベストファンドとインベストプラス

558-A.jpg

出典:スウェーデンハウス

貯蓄を増やす事を考えている方々は、しばしば都市綜研インベストファンドによる投資商品やインベストプラスを検討しています。その2つの投資商品には、効率的な貯蓄額アップに関する大きなメリットが1点あるのです。目標利益率の高さです。
まず前者の都市綜研インベストファンドの投資商品ですが、その目標値がかなり高めになります。現時点では、年間6%です。ちなみに過去数年間において、その6%の利率を下回った事はありません。
それと後者のインベストプラスの目標利益率ですが、現時点では2.7%になります。都市綜研インベストファンドよりは低めな数字ですが、それでも貯蓄額を増やす上では十分な数値との意見もあります。なぜなら銀行などによる貯金商品の場合は、1%にも満たない状況だからです。ですので貯蓄を増やそうと考えている方々は、貯金商品よりも都市綜研インベストファンドやインベストプラスの方が良いと考えている事も多いです。

ミドルリスクで貯蓄額アップを目指すことができる都市綜研インベストファンドとインベストプラス

558-B.jpg

出典:ナナピ

また都市綜研インベストファンドによる商品とインベストプラスには、リスクの低さに関するメリットもあります。投資商品としては、リスクは比較的低めな商品になるのです。
そもそも投資商品にも、色々なタイプがあります。中にはリスクがかなり高めな商品もあり、元本割れどころか資産が2割近くにまで減ってしまうタイプの商品もあるのです。また2割近くどころか、投資会社に対する借金が発生してしまう商品も見られます。
ところが都市綜研インベストファンドやインベストプラスの場合は、そこまでリスクは高くありません。元本割れが発生する可能性はゼロではないですが、現時点までで元本割れが発生した事が無いのです。また前者の都市綜研インベストファンドの場合、元本割れが発生した時の補填システムもあります。
つまりハイリスクではなく、ミドルリスクの商品になる訳です。それだけに、貯蓄額アップに関する安全度はやや高めとの意見もあります。

リート同様に換金しやすい都市綜研インベストファンド

558-C.jpg

出典:FOX24

また貯蓄を増やすタイプの商品によっては、かなり多くの手間がかかってしまう事があります。例えば自力で不動産物件を購入して、オーナーとしての家賃収入を目指すやり方です。
その場合は、まず数千万円ほど払って不動産物件を購入する必要があります。購入の際にはかなりの手間があり、色々な書面が必要になるのです。また不動産物件を保有したら、今度は物件管理や家賃回収に関する手間が発生します。それで苦労をしている不動産オーナーの方々も、少なくありません。
ところが都市綜研インベストファンドやインベストプラスの場合、その手間は少なめです。投資の為の申込み手続きも簡単ですし、物件管理や家賃回収に関する手間もありません。それだけ少ない手間で貯蓄額を増やせるメリットもあるので、ここ最近は都市綜研インベストファンドやインベストプラスに興味を持っている方々も増加傾向にあります。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ