みんなで大家さん販売のリスクと補填や過去実績に関するメリット

利益率は高めでもリスクはある

562-A.jpg

出典:IRORIO(イロリオ)

多くの方々は、不動産関連の物件に対する投資に興味を持っています。その投資のメリットは、利益見込み率の高さです。
そのタイプの投資商品は、いわゆる貯金商品などに比べれば利益額は高く見込める傾向があります。貯金の場合は年間の利率が0.1%未満になっている事もあるのですが、投資商品の場合はそれよりもかなり高めな率になっているケースも珍しくありません。
そしてみんなで大家さん販売の場合は、その率はかなり高めです。現時点では、年間6%という状況になっているからです。
しかし率が高めな半面、もちろんリスクはあります。いわゆるノーリスク型の商品ではありません。不動産関連の物件に投資をしている以上、いわゆる価格下落リスクや空室に関するリスクなどは存在するのです。ですのでみんなで大家さん販売を検討している方々は、しばしばそれを心配しています。

万が一の元本割れになった時のみんなで大家さん販売による補填システム

562-B.jpg

出典:シモデンホーム

そのリスクを考慮しても、みんなで大家さん販売による商品には大きなメリットもあります。例えばみんなで大家さん販売には、元本割れになった時の補填システムがあるのです。
リスクがある商品なので、みんなで大家さん販売での投資金額が目減りする可能性はあるのですね。それで一番最初に支払った金額が300万円だったとします。それが目減りして、200万円台に下がる可能性はあります。
しかしたとえ資産が減った時でも、みんなで大家さん販売の補填システムがあるのですね。つまり下落分は、その会社によって補填される訳です。そのような補填システムはなかなか見られるものではありません。みんなで大家さん販売の商品のメリットの1つとも言えるでしょう。
なおその補填の金額には、上限があります。最大2割の損失までが補填される事になるのですね。

都市綜研インベストファンドの元本保全は?

562-C.jpg

出典:ウーリス

それとみんなで大家さん販売は、実績に関する特長もあります。前述のようにこの商品には元本割れが発生するリスクは確かにあるのですが、過去にそれが発生した事がありません。つまり前述のように300万円を預けている状況で、200万円台などに下がっている事例はほとんど見られないのですね。その過去の実績を考慮すると、「たとえリスクがあっても安心」という意見を述べている方もいらっしゃいます。
またその商品は、もちろん利率があります。現時点では年間6%なのですが、もちろんそれが変化する可能性はあるのです。5%台などに下がるリスクは、一応あるのですね。しかし過去の実績では、年間6%という数字を上回った事はありません。
このように過去の実績を考慮すれば、みんなで大家さん販売による商品は信頼度が比較的高いという意見もあります。リスクはあるのですが、メリットもある訳ですね。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ