都市綜研インベストファンドによる商品のリスク

リスクは有る都市綜研インベストファンドによる商品

565-A.jpg

出典:ウーリス

ほとんど全ての投資商品には、リスクはあります。リスクが皆無の商品は、ほとんど見られないのが現状です。
ところで都市綜研インベストファンドも、その投資商品に該当します。都市綜研インベストファンドは、様々な不動産物件に対して投資をしているのです。主に商業物件などに対する投資を行っていて、それによる利益が発生した時には出資者に対して利益額が支払われる仕組みになります。いわゆる投資信託の1つになるのです。
そして投資信託である以上は、都市綜研インベストファンドの商品にはリスクはあります。前述のように商業物件などへの投資をする事になりますが、順調な状況が続くとは限りません。時には何か経営不振などの問題があり、順調ではなくなる可能性もあります。都市綜研インベストファンドは、少なくともノーリスクの商品では無いのです。

都市綜研インベストファンドの商品のリスクの大きさと補填システム

565-B.jpg

出典:シモデンホーム

ところでそのリスクは、投資商品としてはある意味低めな一面もあります。少なくとも先物などの商品に比べれば、リスクは低めです。
先物も投資商品に該当するのですが、それは借金が発生するリスクがあります。例えば先物の投資の為に、会社に100万を預けたとします。ところが大きな損失が発生し、その額が200万円などになる事もあります。その場合は、先物の会社に対して100万円の借金が発生する事になるのです。いわゆる追証という表現が用いられる事が多いです。
そして都市綜研インベストファンドの場合、そこまでリスクは大きくはありません。確かにその商品は元本割れなどが発生する可能性は一応あるのですが、少なくとも上記のような追証が発生するほどリスクは大きくないでしょう。
また都市綜研インベストファンドには、たとえ損失が発生した時でも補填されます。最大20%分までの損失に対する補填があるのですが、前述の先物にはそれがありません。つまり都市綜研インベストファンドは、リスク対策が完備されている商品を提供しているのです。

みんなで大家さん販売に関わればこんな生活が送れる

565-C.jpg

出典:ウーリス

また都市綜研インベストファンドには、早めに解約をする事ができるメリットもあります。都市綜研インベストファンドによる商品は、解約は自由に行う事ができるのです。
そもそもリスクがある商品の場合は、早めに見切りを付けることが必要になるケースもあります。例えばある時に、損失額が20万円になっているとします。そしてこれ以上の利益が見込めないと考えたとしましょう。その時には、できるだけ早めに解約する方が良い一面があるのです。そのまま放置をしてしまっていると、損失が30万などに拡大する可能性があるからです。
そして解約が自由であれば、20万円の段階で撤退する事ができます。しかし解約ができないような商品の場合は、30万や40万などに拡大してしまう可能性もあるのです。解約不可の商品は、それだけリスクが高くなってしまう訳です。しかし都市綜研インベストファンドの場合は「自由」に解約をする事ができるので、リスクを低く抑える事もできる訳ですね。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ