みんなで大家さんとクラウドバンクのそれぞれの投資方法と預金を上回るメリット

みんなで大家さんと違って企業に対する融資をしているクラウドバンク

572-A.jpg

出典:ウーリス

不動産の物件に投資をする商品は、色々見られます。みんなで大家さんとクラウドバンクは、どちらもそのタイプの商品です。仕組みも非常に似ていて、多くの方々から出資金を集めることになります。
しかしその2つの商品には、決定的な違いが幾つかあるのです。まず後者のクラウドバンクという商品の場合は、不動産の投資を考えている方々に対する貸し付けをする事になります。
そもそも世間には、不動産投資を考えている企業が沢山あります。ところがそのような企業は、そのための資金が不足している事もあるのです。それでどこかの会社からの融資を検討している事もあるのですが、その為の選択肢の1つがクラウドバンクなのです。
つまりクラウドバンクという商品は、そのような企業に対して融資をする事になるのです。いわゆる家賃収入を目的とした不動産物件とは少々異なります。物件の管理や、集金などを行うことも無いからです。

融資ではなく大家さんのような投資を行うタイプの商品

572-B.jpg

出典:kurir

それに対してみんなで大家さんの場合は、クラウドバンクとはまた違ったシステムになります。クラウドバンクと同じく、多くの方々から出資金は募ることになります。しかしその活用方法が異なるのですね。
基本的には前述のような、家賃による利益を目的とした不動産投資に近いものになります。大家さんという名称が付いていますが、それだけに様々な不動産物件のオーナーのような果たすことになります。
ただみんなで大家さんの場合は、マンションなどに投資をするタイプとは少々異なるのです。商業関連の施設や、ホテルなどの物件に対して投資をしている傾向があります。そのような物件の方が、空室リスクは低めな傾向があるからです。つまりリスクを低く抑えるための工夫をしている訳です。
ちなみにみんなで大家さんの場合はクラウドバンクと違って、企業に対する融資を行っている商品ではありません。あくまでも大家さんなのですね。

現在のみんなで大家さんは安心?

572-C.jpg

出典:セルコホーム

そしてみんなで大家さんとクラウドバンクには、どちらも預金商品を上回るメリットがあります。利率がかなり高めになっている点です。
預金商品の場合は、利率のパーセンテージがやや低めな状況です。普通タイプの預金商品の場合は、1%未満になっているケースも珍しくありません。また定期タイプの商品でも、やはり1%未満のものが多く見られます。高くても0.3%前後の商品が目立つのです。
ところがみんなで大家さんとクラウドバンクの場合は、利益見込率はかなり高めになります。前者のみんなで大家さんの場合は、現時点では6%前後という状況です。また後者のクラウドバンクの場合、現在5%前後という状況になります。どちらも預金商品に比べれば、10倍以上高い数字になっている訳です。この預金を上回る率の高さが、クラウドバンクとみんなで大家さんの大きなメリットの1つと言えます。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ