預金より利率面のメリットが大きいみんなで大家さんとマリオンボンド

預金よりも利率が高めなみんなで大家さんとマリオンボンド

581-A.jpg

出典:ラブフリーフォト

預金商品を利用している方々は、たまにネックを感じています。利率がかなり低めになっているからです。
まず普通預金の場合、その率は0.1%未満の状況なのです。ですので100万を預けていても、1年間で1,000円にもならない訳です。もしも「1年間に1万円は受け取りたい」と考えるのであれば、少なくとも銀行に対して1000万以上預ける必要があります。それだけ多くの資金を預けるのは、少々難しい方々も多いです。
ですのでそのような方々は、しばしば不動産投資に興味を持っています。物件を用いる投資商品であれば、預金タイプの商品よりは率が高めな傾向があるからです。
またその投資に興味を持っている方々は、しばしばみんなで大家さんとマリオンボンドに着目しています。その2つの商品は、どちらとも利益見込み率がかなり高めだからです。

預金よりも利率が非常に高いみんなで大家さん

581-B.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

では具体的にはどれぐらいの数値かと申しますと、まずみんなで大家さんの場合は6%になります。現在の預金商品が上記のような状況なので、その数字はかなり高めなのは明らかです。
ちなみに預金商品の中には、定期タイプもあります。それは普通預金に比べれば高めなのですが、それでもせいぜい0.3%ぐらいになります。つまり100万円を預けていても、年間で3,000円程度にしかならない訳です。
ところがみんなで大家さんの場合は6%なので、100万を預けても年間で6万になります。実に数万円もの差が付く訳ですから、預金商品よりはみんなで大家さんの方がメリットが大きいと考えている方も多いです。
ただし上記の6万という数字は、保証されている訳ではありません。状況によっては、その数字が変動する可能性はあります。不動産業界の状況は、刻一刻と変化しているからです。

預金商品と違って元本割れのリスクは有るみんなで大家さんとインベストプラス

581-C.jpg

出典:シモデンホーム

それとマリオンボンドも、率はかなり高めになります。現時点では、3.6%という状況になっているからです。ですので前述の100万の例で申し上げれば、年間36,000円前後になります。預金と比べればお得な事は、明らかです。
もちろんマリオンボンドも、その数字が変化する可能性はあります。しかし現時点では、今までにその率が変化した事がありません。みんなで大家さんも同様です。
またマリオンボンドの場合は、その配当金を受け取れる回数にもメリットがあります。前述のみんなで大家さんの場合は年間に6回の受け取り回数となりますが、マリオンボンドは12回なのです。
そして預金商品の中には、利息を受け取れる回数が比較的少ないものもあります。マリオンボンドは受け取り回数が非常に多いのですから、小刻みに利益額を受け取れるメリットもある訳です。
このような状況なので、多くの方は預金商品よりもみんなで大家さんやマリオンボンドを活用している傾向があります。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ