預金とみんなで大家さんとインベストプラスのメリットとデメリットを比較してみた

預金商品よりもパーセンテージが高いみんなで大家さんとインベストプラス

582-A.jpg

出典:高級賃貸のプロパティバンク

みんなで大家さんとインベストプラスには、どちらも預金商品を上回るメリットがあります。それには主に2つのメリットがあるのですが、まず1つ目は利益見込み率の高さです。
みんなで大家さんとインベストプラスは、想定利回りがかなり高めになっています。前者の商品は6%前後になっていますし、後者は2.5%を超えている状況なのです。
ところで預金商品の場合は、そのパーセンテージはかなり低めになります。かなり高めな定期預金でも、現時点では0.3%前後という状況になります。明らかにみんなで大家さんとインベストプラスの方が、数倍以上高い訳です。
もちろんそのパーセンテージが高い方が多くの利益が見込める訳ですから、その2つの商品の方が資産を大きく増やせる可能性があるでしょう。将来的な利益見込みという意味では、預金商品よりはメリットが大きい訳です。

預金商品よりもメリットが大きなみんなで大家さんとインベストプラスの解約の自由度

582-B.jpg

出典:TravelReport

それとみんなで大家さんとインベストプラスには、解約に関するメリットがあります。その2つの商品は、どちらも自由に解約する事ができるのです。
前述の預金商品の場合は、自由に解約できないケースが多いです。定期タイプの預金商品の場合は、所定の期間は解約できません。
例えば1年物の預金商品があるとします。その商品を利用するのであれば、もちろん1年後まで解約をする事ができないのです。しかしみんなで大家さんとインベストプラスは、解約の自由度は比較的高めになります。
資産運用をしている期間中は、何が起きるか分からない一面があります。時には何か個人的な事情があって、急ぎで資金が必要になる事もあるでしょう。その際に解約が必要になる事もあるのですが、定期預金はそれが難しいのですね。しかしみんなで大家さんとインベストプラスが解約の自由度が高いので、柔軟に資金を引き出すことができるでしょう。

初心者でも賢く預金を行っていくために

582-C.jpg

出典:マンション経営大学

このようにみんなで大家さんとインベストプラスには預金商品を上回る2つのメリットがある訳ですが、逆にデメリットも1つあります。元本割れです。元本割れとは、預けた資金が目減りしてしまう事を指します。
例えば会社に対して、100万円を預けたとします。ところが投資で失敗をしてしまったので、90万円台などに減ってしまう事があるのです。その100万円以下になってしまう事は、元本割れと呼ばれることがしばしばあります。
そして預金商品の場合は、基本的に元本割れは無いです。ところがみんなで大家さんとインベストプラスは、割れるリスクはあります。ですので、それはデメリットではあります。
しかし現時点では、みんなで大家さんとインベストプラスで元本割れが発生した事はありません。その実績を高く評価している方々も、非常に多いです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ