預金を行うのが初心者の時は

初心者はまず預金の種類と活用方法を覚える

583-A.jpg

出典:司令官 報告です!!

預金を行うのが初心者の場合はなるべく簡単に行うことができるものがおすすめです。
金利の云々は慣れてきてから考えるようにしましょう。


預金は一般的なものが、普通預金です。
これはお財布代わりに使える口座と言っても良いでしょう。


普段使うお金を全て現金で保管しておくのも一つの方法です。
しかし、現金は紛失してしまうと、なかなか見つからないものです。
また、現金が手元にあると、どうしても使ってしまいがちです。


1ヶ月の使う予算を決めて、使う分だけ随時普通預金から引き出すようにすると便利です。
普通預金以外にも、定期預金や積立預金などがあります。
定期預金はまとまったお金を預金しておくのに便利です。


積立預金は毎月一定額を積み立てていくというものです。
普通預金の口座から積立預金に振り替えになるものが一般的のようです。

初心者にも普通預金と定期預金が一緒のタイプが便利

583-B.jpg

出典:超高層マンション・超高層ビル

通常、普通預金はいつでも現金を出し入れすることは自由ですが、定期預金も積立預金も満期まで引き出しすることができないようになっています。
これらは最低でも6ヶ月間から1年間は積み立てておく必要があります。
定期預金や積立預金解約期間の制限を設けることによって、長い間預金を行うので、利子は普通預金よりも高くなります。


しかし、止むおえない事情で定期預金や積立預金を解約しなければいけなくなることがあります。
当然、自分のお金なので解約することは可能です。
その分、利子はかなり下がってしまいます。


初心者は、最初は使いやすい預金を活用するのが便利です。
また、普通預金の通帳に、定期預金などが一緒に記載されているものがあります。
普通預金の通帳を作る時に、定期が一緒になっているかを確認してみましょう。

買取保証のシステムで自由に解約できるみんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンド

583-C.jpg

出典:U-NOTE

普通預金と定期預金が一緒になっているタイプでは、普通預金で何かの引き落としがされる場合、残高が足りないことがあるかもしれません。
この時、自動的に定期預金のほうから引き出されて引き落としがされる仕組みになっています。
この場合は通帳を記帳すると、マイナスで数字が記載されます。


もし、この定期預金がセットになっていない場合は、残高不足で引き落としができなくなってしまいます。
これを防ぐためにも、初心者でも普通預金と定期預金がセットになっているタイプはとても便利です。
定期的に記帳を行い、もしマイナス残高になっている場合は、預金残高がプラスになるように入金しましょう。


初心者も貯蓄を増やしていくことはとても大切なことです。
自動的に積立預金のほうにお金が自動振り替えになるように設定しておけば、自然と貯金ができるようになるでしょう。


積立預金が満期になったら、定期預金にするのも良い方法です。
預金は増えれば嬉しいですし、将来の大きな財産になっていきます。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ