みんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドとその2点のメリット

不動産ファンドとその2つのリスク

584-A.jpg

出典:ホームプロ

不動産ファンドの魅力は、資産を大きく増やせる可能性です。少なくとも預金商品などに比べれば、平均利益率は高めになります。このため効率良く資産を増やしたいと考えている方々などは、その商品を検討している傾向があるのです。
ところが不動産ファンドには、リスクも何点かあります。例えば価格変動に関するリスクがあります。物件の価格は常々動いていますので、状況によっては含み損が発生してしまう可能性もあるのです。それで大きな損失が発生してしまう事例も、たまに見られます。
それと不動産ファンドは、売却困難になるケースがあるのです。解約をした時に売り手が付けば良いですが、付かなかった時には換金が困難になる事があります。
このように不動産ファンドには価格変動と売却に関するリスクがあるのですが、みんなで大家さんによるクラウドバンク型のファンドには、それをカバーできるメリットがあります。

みんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドと変動リスク対策

584-B.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

みんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドには、まず空室リスクの低さと現時点までの実績に関するメリットがあります。
そのファンド商品は数年間運用されているのですが、確かにそれには価格変動に伴うリスクは有るのです。元本割れが発生する可能性もあると、みんなで大家さんは公式で明示しています。
みんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドの実績ですが、今までに元本割れが発生した事がありません。つまりこれまでの実績から判断すると、リスクは比較的低めな商品と推理できる訳です。
またみんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドは、その元本割れに対する補填システムがあります。万が一割れてしまった時でも、会社がその分を支払ってくれるシステムがあるのです。もっとも上限もありますが。つまりみんなで大家さんによるクラウドバンク型の不動産ファンドでは、しっかりとリスク対策が考えられている訳です。

都市綜研の商品は買うべき商品です。

584-C.jpg

出典:シモデンホーム

それと前述の売却に関するメリットなのですが、みんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドには買取保証というシステムがあります。つまり解約をする時には、必ず売り手が付くシステムになるのです。
そもそも不動産ファンドでは、解約が発生するケースも珍しくありません。そして解約する以上は、現在保有している不動産物件を誰かに売却する必要があるのです。ところがその物件に対する売り手が付かないと、解約が困難になってしまう事があります。つまり売却不可のリスクが、不動産ファンドには存在するのです。
ところがみんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドは、必ず解約をする事ができます。前述の通り買取が保証されているシステムになるので、いつでも解約をする事ができるメリットもあるのです。
このようにみんなで大家さんのクラウドバンク型の不動産ファンドにはリスクなどは有るのですが、それを補うメリットも存在する訳です。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ