みんなで大家さん販売は危険という噂を分析

利回りが不自然に高いから危険?

587-A.jpg

出典:ホームプロ

みんなで大家さん販売(正式名称はみんなで大家さん販売株式会社)は利回り6%を超えるような投資商品を提供しています。
一般の投資家の感覚からすると、あまりに利回りが良すぎるので、なにか裏のある危険な商品という感じがします。


しかし、現代では利回り6%というのはそこまで異常な数字ではありません。
例えば、不動産投資ではありませんが、クラウドバンクでは利回り6%前後の商品が多数あります。
また、不動産への投資でも、マリオンボンドなど4%程度の利回りを実現している会社はあります。


高い利回りを実現している会社に共通するのは、インターネットを活用して日本全国の投資家に呼びかけているという点と、小口の投資を可能にして初心者を受け入れているという点です。
従来の投資ファンドとは異なる事業形態なのですから、高い利回りが実現できていても、不思議は無いと言えます。

高齢者を狙っているから危険?

587-B.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

みんなで大家さん販売は主に高齢者をターゲットにして投資商品の宣伝をしています。
高齢者を狙った振り込め詐欺がニュースで大きく取り上げられたこともあって、高齢者がターゲットと聞くだけで危険と感じる人も多いでしょう。


しかし、それは誤解です。
みんなで大家さん販売は、「投資による安定した生活資金の捻出を支援する」という考え方で経営をしており、その考え方に基づき高齢者をターゲットにしています。
決して、高齢者からお金をだまし取ろうなどと考えているわけではありません。


そもそも、高齢者は労働できないため、生活資金が徐々に不足しがちですし、それでいて、退職金などの資金を潤沢に持っていますから、投資を始めたほうがよい存在なのです。
危険が無いどころか、みんなで大家さん販売と手を組めば、高齢者は家計のやりくりに悩まずに済む快適なシニアライフが送れるようになります。

サービス自体に危険な所は無いのか

587-C.jpg

出典:セルコホーム

みんなで大家さん販売では、運用期間は3年間となっています。
通常の不動産投資と比較すれば、かなりの短期間ですが、投資初心者からすると、3年は長期と感じるかもしれません。
3年間もお金を他人に委ねるのは危険だと感じるのも無理はありません。


しかし、みんなで大家さん販売では別に3年間の運用を強制しているわけではありません。
もし、運用を辞めたくなったなら、みんなで大家さん販売に権利を譲渡することで、いつでも現金を取り戻すことができます。


通常の不動産投資だと、物件の買い手を探すのに時間がかかります。
また、株式投資でも、他人に売ることになるので売値が安定しません。
しかし、みんなで大家さん販売では、営業者が直接すぐに買取りしてくれるので、値段も安定しますし、手続きも迅速に完了します。
むしろ、みんなで大家さん販売のほうが他の投資方法と比べて、運用上の危険は少ないと言えます。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ