預金よりも利益率が高めな都市綜研によるクラウドバンクと必要書類や利率減少のメリット

預金より利率が高い都市綜研によるクラウドバンク型の商品

592-A.jpg

出典:I List Estate

都市綜研では、クラウドバンク型の商品を販売しています。その商品には、利益見込み率に関するメリットがあるのです。そしてその率は、よく預金商品と比較されます。
現在ほとんどの方々は銀行の口座を持っていますが、もちろんそれには利息があるのです。1年間預けていれば、数回程度の利息が付与される事になります。
しかし預金の率は非常に低く、1年間で0.1%にも満たない状況です。定期タイプなどは多少高めなのですが、それでも1%にもなりません。その率の低さに不満を抱えている方々も、多くいらっしゃいます。
それに対して都市綜研のクラウドバンクの場合は、現時点では6%という状況なのです。それが変動する可能性はありますが、それでも明らかに上記の預金商品の数値よりは高い訳です。その率の高さに魅力を感じて、多くの方は都市綜研のクラウドバンクを高く評価しています。

都市綜研のクラウドバンクを始めるために必要な書類

592-B.jpg

出典:みちくさ学会

また都市綜研のクラウドバンクには、申込みの手軽さに関するメリットもあるのです。
そもそも何らかの商品の申込みをするとなると、多彩な書面が必要になる事もあります。商品によってはかなり複雑な書類を、役所などから発行しなければならない事もあるのです。それで多くの手間がかかってしまうケースも多々あるのですが、都市綜研のクラウドバンクは書類の数は多くありません。
都市綜研のクラウドバンクは、身分証明書だけで始める事ができます。特に役所から複雑な書類を発行する必要はありません。
ちなみに預金商品なども、口座を作る時には身分証明書が必要です。あれと同じくらいの手軽さで、都市綜研のクラウドによる投資を始める事ができます。この書類の手軽さは、都市綜研のクラウドバンクのメリットの1つです。

不動産ファンドとはどういったものか

592-C.jpg

出典:U-NOTE

また都市綜研のクラウドバンクには、解約時の金額減少に関するメリットもあります。なぜならこの商品では、解約時にも利率が変化する事が無いからです。
前述のように都市綜研のクラウドバンクは、現時点では6%見込みになります。そしてそれは、解約時も同じなのです。
それは一見当然のようですが、預金商品の場合は解約時に利率が変化してしまう事があるのです。
例えばある時の預金商品の利率が、0.3だったとします。ところが何かの事情があって、その預金商品の解約をしたとします。その時には、率が0.1などと大幅ダウンしてしまう事があるのです。つまり満期に達しないのに途中解約をしてしまうと、定期預金の利息が大幅に下がってしまう訳です。
ところが都市綜研のクラウドバンクは、6%のままなのです。解約時にも利率が変わらないのも、都市綜研のクラウドバンクのメリットの1つと言えます。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ