初心者が不動産ファンドに進むにあたって

より高い収益を求めたい理由とは

593-A.jpg

出典:zazzle

ある程度資金に余裕が出てくると、それをどう運用していくべきかという悩みが生まれます。
今は預金金利もかなり低いので、そのまま銀行に預けていたとしても、増やすことはあまり期待ができません。そのうえ、支出という意味では消費税などの増税、物価の高騰などがあり、実質的なお金の価値は減っていく状況にあるのです。そのため、できるだけ多くの収益が挙げられるような運用方法を取っていかないと、せっかくの資産が失われていくことになるのです。
様々な運用方法がありますが、初心者の場合、安全性を重視して選んでいくべきです。慣れるまではローリスクローリターンでも安定した収益を得ることを重視し、そこで投資の経験と知識を積み上げたうえで、よりハイリスクハイリターンの投資へと移っていくことが望ましいのです。

初心者でも魅力的な運用方法について考える

593-B.jpg

出典:Images For

運用方法としては、金利や配当の高さという事に注目することになるでしょう。それに加えて安全性という事が重要になってきます。
株式投資などは、配当のほかに株式の売却益などが出れば大きなリターンが見込めます。しかし、利益が出るとは限らないのが難しいところです。値が下がれば大きな損につながってしまいます。その値の変動を把握することは非常に難しく、予想も容易ではありません。株というとらえにくいものを相手にするので、初心者にはあまり向かない投資方法といえるでしょう。
それに比べて不動産ファンドなどは、実際の不動産に投資するという事もありわかりやすいという事があります。今は不況から立ち直る関係で比較的マンションなどのニーズが高くなっていますので、こうした投資方法も魅力を感じる方が多いようです。

みんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品のメリットと必要な初期投資額

593-C.jpg

出典:セルコホーム

単なる不動産投資といった場合、自分で不動産を持ち、それを貸して家賃収入などを得たり、売却して利益を得るといいうイメージがあるでしょう。しかし、それでは個人で多額の費用を掛けなくてはならないことになります。不動産の取引や選定、賃貸管理など幅広い知識も必要になります。不動産投資に興味があっても、こうしたことがネックになって踏み出せない初心者にとって、不動産ファンドは手軽な投資方法といえます。多くの人の資金を集めて、より大きなマンションなどの物件を扱うことができるのです。
ただし、条件はきちんと確認しておく必要があります。景気の変動や物件が売れなかった場合などの補てんはどうなるのかなど、利益だけに目を向けるのではなく、どれだけ安全かという事を意識して選ぶようにしていきたいものです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ