みんなで大家さん販売によるクラウドバンクと預金商品を比較してみた

みんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品の魅力と利率の高さ

594-A.jpg

出典:超高層マンション・超高層ビル

みんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品は、よく預金と比較されます。比較されるポイントは色々あるのですが、特に利率が比較されている事が多いです。
みんなで大家さん販売のクラウドバンク型の商品は、預金に比べると利率は高めになります。現在のみんなで大家さん販売の商品の場合、たいていは6%前後と設定されているのです。その率は、預金に比べれば明らかに高めです。銀行などによる利息の場合は1%未満になる事が多いのですが、明らかにみんなで大家さん販売のクラウドバンク型の商品の方が大きな利益が見込めることになります。
現在は、預金商品の利率よりも高い商品を探している方々はとても多いです。みんなで大家さん販売のクラウドバンク型の商品は上記のような状況だけに、それに注目をしている方の人数も増えつつあります。

預金よりもリスクは少々高めになるみんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品

594-B.jpg

出典:U-NOTE

ただしみんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品には、リスクはあります。ある意味それは、その商品のデメリットの1つです。
そもそも投資商品のリスクとリターンには、相互に密接な関係があります。リターン率が高めな商品は、それだけリスクも高めになっている事が多いのです。いわゆるハイリスクハイリターンという表現が用いられる事もしばしばありますが、その逆にローリスクローリターンの商品もあります。その2つには、比例の関係がある訳ですね。
そしてみんなで大家さん販売のクラウドバンクの場合は、ハイリスクハイリターンというレベルではありません。いわゆるミドルリスクに該当するでしょう。利回りも上記のような状況なので、極端にリターンが高い訳ではありません。
それに対して預金の場合は、ローリスクローリターンになります。みんなで大家さん販売のクラウドバンク型の商品は、ミドルリスクミドルリターンのタイプに該当します。つまりみんなで大家さん販売による商品は、預金よりはリスクは高めなのです。

預金と違って自由に解約が可能な都市綜研インベストファンドのクラウドバンク

594-C.jpg

出典:マンション経営大学

しかしみんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品には、必要な投資資金に関するメリットもあります。なぜなら最初に必要な資金が、それほど高くないからです。
定期預金で高めなリターンを目指すためには、そこそこまとまった資金が必要になります。例えばある定期預金の利率が、0.3%になっているとします。それで1年間の利益目標額が、6万だとしましょう。それだけの利益が必要となると、銀行に2,000万ほど預ける必要があります。それだけ大きな金額を預けるのは、難しい方もいらっしゃるでしょう。
ところがみんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品は年間利益見込みが6%なのですから、最初に必要な資金は100万円で十分なのです。リスクは有るのですが、その分最初に必要なお金が比較的低めになる訳です。
このように目指す利益額に必要な初期投資額が比較的低めなのは、みんなで大家さん販売によるクラウドバンクのメリットの1つと言えます。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ