都市綜研インベストファンドによるクラウドバンクと預金の3つの違い

都市綜研インベストファンドのクラウドバンクと預金の違いは不動産投資か否か

595-A.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

都市綜研インベストファンドによるクラウドバンク型の商品は、しばしば預金商品と比較されています。その2つの商品には、色々な違いがあるのです。
まず1点目の違いとしては、不動産に対する投資か否かです。後者の預金商品は、いわゆる投資とは異なります。投資をするのではなく、銀行に預ける事になるのです。それに対して都市綜研インベストファンドのクラウドバンクは、いわゆる変動性がある物を用いての投資商品になります。つまり両者には、投資か貯金かの違いがある訳です。
それと両者は、利益発生の原因に関する違いもあります。前者の都市綜研インベストファンドのクラウドバンクは、不動産物件を用いることになるのです。その価格変動や家賃収入などを用いて、利益が発生する事になります。つまり不動産物件で、利益が発生するのです。それに対して貯金商品は、金利だけで利益が発生します。つまり金利か不動産かの違いも、両者の相違点の1つです。

都市綜研のクラウドバンクと預金の利率に関する相違点

595-B.jpg

出典:超高層マンション・超高層ビル

2点目の違いなのですが、両者の利率です。結論から申し上げれば、都市綜研インベストファンドによるクラウドバンクの方が預金商品よりも率が高めになります。それだけに、大きな利益が見込めるのです。
前者の都市綜研インベストファンドのクラウドバンクの利率ですが、現時点では6%になります。取り扱い物件によっても若干異なるのですが、ほとんどの商品は6%です。
ところが後者の預金商品の場合、それよりも遥かに低い数字になります。定期タイプの商品などは高くても0.3前後ですし、普通タイプの商品は0.1未満という状況です。したがって都市綜研インベストファンドのクラウドバンクは、預金商品よりも数十倍ほど高くなっている訳です。
それだけに前者の商品の方が、預金商品に比べると高めな利益が期待できます。ですので預金商品を利用している方々は、しばしばクラウドバンクに乗り換えをしているのです。

公式ブログにはリンク集としての機能も

595-C.jpg

出典:U-NOTE

そして3つ目の相違点ですが、両者の解約の自由度です。預金商品に比べると、都市綜研インベストファンドのクラウドバンクの方がはるかに自由度が高くなります。
まず前者の預金商品は、定期タイプの場合は基本的に解約をする事ができません。つまり満期まで待たなければならなくなります。
厳密に申し上げれば、満期が到来する前に解約をする事は可能です。しかしその際の利率は、劇的に低くなってしまいます。それで定期預金ならではの高めな金利が受け取れない事も、珍しくありません。
ところが都市綜研インベストファンドのクラウドバンクは、解約は自由に行う事ができます。また上記の預金商品のように、利率が劇的に下がってしまう事もありません。現時点では6%ですが、解約時でも6%がキープされているのです。
このような「不動産物件に投資をするか否か」と「利率の高さ」と「解約の自由度」という3点が、都市綜研インベストファンドのクラウドバンクと定期預金の主な相違点です。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ