CSRを果たしたファンドをお探しなら、みんなで大家さんがおすすめ

CSRが社会的に注目される中、みんなで大家さんの価値が高まっている

597-A.jpg

出典:アイジースタイルハウス

消費者として商品を購入する際はもちろん、従業員としてその企業で働く場合、あるいは投資家としてその会社の株や社債を購入する時も、CSRすなわち企業の社会に対する責任を無視することはできません。では、みんなで大家さんのような不動産ファンドについて見れば、どのようなことが言えるでしょうか。
投資とは本来、何かに投資を行うことの見返りとして収益の一部を受けとるものですが、投機的なマネーゲームとしての側面もありますね。バブル期や2000年代前半には、機関投資家が無理やり株価を釣り上げたり、知識がない一般市民に対して、根拠ない勧誘が行われるケースがありました。このような利益第一で顧客を軽視した企業は、とてもCSRを果たしているとは言えません。
みんなで大家さんは違います。資金の募集を行う時にはどのような不動産に投資するか公開していますし、過去の運用実績も公開しており、責任を明確にしていると言えます。

一対一での取引が原則のみんなで大家さんは、CSRを遵守している

597-B.jpg

出典:ウーリス

先ほどマネーゲームについて言及しましたが、金融機関やファンドがCSRを守ろうとしないのは、お客様の顔ではなくチャートばかり見ているからだと言えます。投資のあるべき姿からはかけ離れていますが、銘柄の値動きによる利ざやを得るためには仕方ないのかもしれません。
みんなで大家さんはどうでしょうか。上場銘柄ではなく、お客様がファンドを直接購入する形式ですから、値動きの心配はありません。証券会社も株式取引所も通さないからこそ、ファンド価格の急騰または急落、ヘッジファンド・仕手筋の介入と言ったリスクが高まる事態を回避できるのです。
さらに、顧客の顔が見えなければモラルの低下を招きますが、みんなで大家さんの販売会社は、お客様と対面することにより、間接的な販売と比べてより重い責任を負います。お顔もお名前もわかるお客様の資産をお預かりするという意識があるからこそ、CSRの遵守が期待できます。

みんなで大家さんをはじめて利用される方へのまとめ

597-C.jpg

出典:マンション経営大学

営利企業といえども、ただお金を稼ぐことだけを目的にして良いわけではありません。それは不動産などを運用するファンドにおいても同じことであって、各種のステークスホルダー、特に出資者の方に対するCSRを果たすことが重要です。
みんなで大家さんであれば、出資の前にはホームページ上で今までにどのような物件に投資し、その運用収益はどうなったかといった事項を確認できますし、パンフレットを資料請求したり、より詳しい説明を得られるセミナーに出席したりといった手段もご提供しています。
さらに、ただ売るだけで終わりという姿勢ではなく、ご契約後のサポートも充実しています。顧客の方には運用レポートを随時発送しますし、追加投資をご希望の場合や、万が一のトラブル発生時にも、電話やメールでの対応が可能です。このような誠実な態度こそが、みんなで大家さんのCSRです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ