不動産投資の失敗例を知って成功する秘訣

投資対象物件選びを失敗した例

704-A.jpg

出典:デザイナーズ賃貸併用住宅 Residence+

不動産投資は、毎月安定した家賃収入が得られて、リスクも低く、長期的に資産が増やせる方法として大変魅力的な投資商品の一つと言えます。しかし、不動産投資は毎月安定した家賃を稼いでくれる物件を選べれば成功となりますが、幾つかの原因により失敗してしまったと言う人も少なくなりません。失敗事例を幾つかご紹介しますので、誰がどんな風に失敗したのかを学び、自らは成功する不動産投資を始めて行きましょう。まずは投資対象物選びを間違えた失敗談です。不動産投資にはどんなタイプのものが投資対象として向いていると言えるでしょうか。ワンルームなのか、ファミリータイプなのか、それとも一棟アパートなのか・・・。初めて不動産投資を始める人は失敗することが気になって迷ってしまうはずです。ある人は将来的に自分でも住めると言う理由でファミリータイプにして失敗してしまいました。運用を始めてみると、毎月の修繕積立金がどんどんと膨れ上がっていったのです。当初のシュミレーションでは毎月収益が出る計算になっていたのに、あまりにも修繕積立金が上がり、最終的には赤字となってしまいました。そのまま運用を続けても利益が出ないので、自分自身でその場所に住もうと思った矢先に転勤が決定。結局自分で住むことも出来なかったのです。修繕積立が増えると言うリスクも把握していたけれども、ファミリータイプで規模が大きい分、短期間で増えてしまったというリスクまでは解決出来ませんでした。今後もどれだけ費用が増えるか見込みがつかずに不安が募るばかりとのこと。さんざん迷った結果の購入で慎重に選んだ物件だはずが、ピンチを招いてしまったのです。
次は新築マンションで家賃が下落したことによる失敗例です。不動産投資をする場合、中古マンションにするか新築マンションにするかで迷われる人がたくさんいます。ある方は新築マンションであれば、高い賃料で賃貸し易いと考え、結局新築マンションを購入して失敗しました。新築であればそれだけデザインがいいし綺麗なので、入居者はすぐに見つかり、購入後すぐ家賃収入が始まったそう。順調に進んでいくかと思われた矢先、最初の入居者は2年で契約更新せずに退去するとのこと。またすぐに次の入居者が決まると予想して募集をかけたところ、家賃は一気に5千円も下がりました。その理由は、わずか2年でこの物件はもう新築扱いではなくなってしまったからなんです。中古マンション扱いの枠に入れられ、中古相場の家賃に合わせる必要がありました。新築マンションは中古に比べて高い値段で購入しているけれども、その差を家賃収入だけで埋めて利益を出そうとするのは中々難しいことだと言います。目の前の利益だけでなく、ロングタームでの計画が必要だと痛感されたそうです。

不動産投資の落とし穴、融資による失敗例

704-B.jpg

出典:STORYS.JP

不動産投資をする場合、購入にあたって多くの方は金融機関から融資を受けることを考えると思います。金融機関から融資を受けると、本来買えない不動産が購入出来るようになり、大変魅力的な話に思えてしまいます。しかし、正しい知識がなく、無理な返済計画を立ててしまうとOUT。失敗してしまう人がいらっしゃいます。まずは自己資金0円からスタートさせる不動産投資の失敗例です。自己資金が無くても不動産投資が始められますよ、なんて広告を目にすることがあります。元々気にいった物件だったある方は、広告を見てからその企業に足を運び、話はどんどんと進んで行きました。金融機関に事前申請までをも済ませ、その2日後には担当者から審査が通ったとの連絡を受けたのです。週末には契約を締結したそうです。契約後に初めて仲介手数料などの諸経費はローンの対象外であることを知らされ、貯金がなく、なくなく親に借りることに。金融機関から融資を受けるとしても、物件価格以外の費用はローンに含めることができないため、全くの自己資金ゼロでは始められないことを学んだそうです。魅力的な話にすぐ飛びつくのではなく、内容をきちんと確認すること、その上で理解して判断することが重要です。

短期間返済の無理な返済計画による失敗した例

704-C.jpg

出典:Monkey[モンキー] 

不動産投資を始めようと、不動産を購入する場合で融資を利用する人は、出来るだけ短期で返済したいと考える人が多いです。しかし、返済計画を短くし過ぎて無理してしまうと、失敗してしまいます。その例をご紹介します。ある方は、90%融資可能と言う魅力に負けて、自己資金もある程度貯まったこともあり、一棟のアパートを購入しました。当初の家賃金額でシュミレーションを組んだところ、15年で返済可能とのことで、15年返済の融資を組まれました。1年目は順調だった不動産投資にも、2年目から空室が出るようになり、当初の収入が見込めなくなりました。アパートの修繕もそれに追い討ちをかけ、所得税、住民税も値上がり。アパートからのキャッシュはほとんど残らず、資金繰りが苦しくなって行きました。購入してわずか3年で手放すことに。もしも長期で返済計画を立てていれば、まだ希望はあったと言います。いずれにしろ、短期や短絡的な方法で利益が出るケースは稀だと言うことが言えそうですね。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ