「投資で副収入」は危なそう…って避けてない?株式投資について正しく知ろう。

そもそも「投資」ってなんだろう?

728-A.jpg

出典:超高層マンション・超高層ビル

普段、会社勤めをしている人からしたら、「投資」という言葉には少し抵抗を感じてしまうかもしれません。会社によっては株式や企業型年金など制度があるところもあるかと思いますが、個人的な資産を運用するための投資…となると、小難しいイメージがあって、敬遠されるかと思います。もちろん、投資にはリスクが付き物です。しかし、だからと言って、資産が増える、または節税につながるチャンスをゼロにするのはもったいないと思いませんか?実際に始めることはなくても、実際に投資家の方や、投資によって副収入を得ている人はどのようにしているのか、まずは興味を持って知ることが大切です。  投資とは、簡単に言うと、「将来の利益を見込んで、資金を投下すること」です。投資した場合に、資本(もとになるお金)がどれくらい増加・増益になるかを考えて、実際に、投資します。簡単に言うと、株は、自分の買った株の価値が、買った時点よりも上がれば儲ける事ができ、FXは、自分の買った国のお金の価値が、買った時点よりも上がれば儲ける事ができます。あくまでも「利益を見込んで」投資するので、実際に投資したものの価値が上がるか・下がるかはわかりません。投資の形はさまざまですし、金融商品も少額なものから莫大な金額のものまで多種多様なものがありますが、そのどれもが、「損をする」というリスクを持っています。ここで大切なのは、そのリスクを踏まえた上で、自己資産と投資にかけられる労力のバランスを見ることです。

株は売買するだけじゃない。キャピタルゲインで副収入は見込めるか?

728-B.jpg

出典:Monkey[モンキー] 

株・株式とは、企業が発行した株(券)のことをいいます。企業は会社を設立するときなどに、一定の資金が必要になります。その資金というのは通常、とても大きい金額なので、なかなか個人では調達することができません。そこで企業は「株式」を発行して、一般の投資家などに、発行した株式を「一株いくら」という風に買取ってもらい、資金を集めます。そして、会社が設立されるのです。一方、企業の株式を買取った投資家は「株主」となり、投資した企業が利益をあげどんどん成長していけば、その企業の株の価値は高くなっていきます。買取った金額以上の価値が出てくれば、価値(価格)が高くなります。そこで、もとの株を売却すれば、投資家にとって買取金額と売却金額の差額分だけ利益が生まれます。つまり、将来において株の価値(株価と呼びましょう)があがり・高くなりそうな企業の株を購入して、実際に株価が上昇した時点で、その株を売却して差額の利益を得るのが株式投資の基本です。 しかし、株式投資による利益には、キャピタルゲインとインカムゲインという2つの種類があります。キャピタルゲインとは、株を購入し、その株の株価があがったときに、売却して差額分の利益をあげるケース。そして、インカムゲインは、企業が株主に対して行う「配当」などによる利益のことを指します。「配当」とは、企業が自分の会社の株主に対して、「日頃から当社の株主になって資金の提供をしていただきまことにありがとうございます。」という気持ちから、配当金や株主優待という形で還元することです。企業によって配当の形は様々です。一株当たりの金額なのか、配当金そのものをださないのか、お金ではなくサービスなのか…。株式を買う際には、キャピタルゲインがどういったものをなのかをチェックして銘柄を選ぶのもアリだと思います。ただし、キャピタルゲインはあくまでもオプションのようなもので、巨額の資本を持っていない限り、その利益率は低いでしょう。ただ、好きな会社の株を買って、株主優待のサービスを受けてお得に暮らすのも株の一つの楽しみ方だとは思います。大きな利益を求める場合は、やはりインカムゲインに注目しながら銘柄を選ぶべきでしょう。

「自分のリスク」を知る。

728-C.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

投資の一番のリスクとは、資金が0になってしまうことです。前項で触れたとおり、経済市場は常に変動しており、FXなのでは一晩にして巨大な金額を手に入れる人もいれば、一分で元手を失ってしまうこともあります。株式市場でも、株を購入した企業の業績が悪くて、株価が下落するのは当然ですが、突然会社が倒産して、もっている株の価値がなくなくこともあります。かし、リスクがあれば「リターン」があるのが株の魅力です。一日にして株価が何倍にもなるケースもありますし、長く株式を保有していれば、ゆっくり時間をかけて右肩上がりに株価が上昇していくケースもあります。リスクが大きければリターンも大きいわけです。
 とはいえ、自分の財務状況にみあったリスクをとる必要があります。本業がある人の場合は、自分が購入した株価の変動が気になって、日中に仕事が手につかないというのは、大きなリスクです。本業にまず力を入れることが、株式投資を楽しむコツともいえます。株を購入していることが普段の生活に影響を与えない金額が、はじめの適切な投資額です。まずはお小遣い程度で始めて、慣れてきたら少しずつ金額を増やしていくことがおススメです。また、実際の株化の情報を使ったバーチャル投資で株の仕組みに慣れたり、ミニ株という2、3万円から始められる制度を使って少しづつ慣れていくのも効果的です。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ