投資に伴う元本割れのリスク

元本割れとは

730-A.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

多くの人が投資に踏み切れない最大の理由は「元本割れ」が起きるからだと言われいます。
元本割れとは、簡単に言うと100万円を投資したのに結局手元に50万円しか返ってこなかったという状態です。
銀行等ではまず考えられないことですよね。
100万円預けていたのに、いつの間にか50万円しか口座に残ってなかった、となれば銀行に預ける人は間違いなくいなくなります。
ですが、そんな元本割れのリスクがあるのに投資を続ける人が大勢いるのかと言うと、やはり投資する事によって利益が出るからです。
そう聞くと「利益は要らないし、損はしたくないから銀行に預ける」という方もいると思いますが、銀行の金利は数十年前から比べると信じられないほど低くなっており、今や貯金箱の代わりくらいになってしまっています。
銀行に預けておけば増えるのはもう昔の話で、今では余程の高額を預けてない限り、振込や引き出しの手数料で消えてしまいます。
また、高額を預けるにしても1000万円+それに伴う金利分までしかペイオフでは保証されないため、リスクを減らすためにはいくつかの銀行に預けるか、当座預金などの利息は付かない代わりに全額補償されるような口座が必要となります。
勿論、家に置いておく所謂タンス貯金も災害等を考えると増える事が無い上にリスクが高い貯金方法となってしまいます。

元本割れの可能性があっても投資した方が良い理由

730-B.jpg

出典:flickr

元本割れは投資をする上では避けられないリスクではありますが、全ての投資家が元本割れを恐れず、利益を追い求めている訳ではありません。
むしろ元本割れのリスクを減らそうとする投資家の方が圧倒的に多く、TVやドラマ等で誇張された一か八かのようなハイリスク、ハイリターンの投資をする投資家は非常に少数です。
利益を求めないのなら、投資の何が良いのか?という疑問を持つ方も多いかと思うので、幾つか挙げさせて頂きます。
まず、銀行への預金もインフレがあると額面は変わらずとも元本割れと同じ事が起きてしまいます。例えば物価が2倍になってしまうと銀行に預けているお金は価値的に半分になってしまうという事です。投資の場合は物価が上がればその分、利益の金額も上がってくるので、インフレ時へのリスク分散の為というのも投資をした方が良い理由の一つになります。
次に、元本割れの危険性があるとは言え、投資できる金融商品には株式から不動産や社債や国債、外貨など幅広く、その中には会社や国さえ潰れなければ元本保証されている物も多く、リスクはかなり低いとされています。それでも銀行預金より遥かに高い利率が設定されているため、銀行に預けていても暫くは使う事の無い分だけを投資に回すという投資家も多くいます。
そしてもう一つの理由としては、国内の企業の株式や社債、国債、不動産に限定されてしまいますが、日本の企業の下支えの為でもあります。
海外の資金によって株式や不動産が買われ過ぎると、その収益や利益が国外に流れてしまう為、国が痩せ細ってしまい、それは日本も決して例外ではありません。
日本の製品が海外で高く評価され、輸出が盛んになったとしても、その会社の利益の多くが日本には入らず海外の投資家の手に渡り、その会社の社員の自宅の家賃料まで海外の投資家に渡るなんて事が、いつ起こってもおかしくない状況にあります。
そうならない為にも日本のお金で日本の企業に投資をして、日本の利益を国内に留めておく事が大事になります。
日本は海外から見ると投資においては、まだまだ遅れてると言われ、海外投資家の手によって値段が釣り上げられている物や、値段が操作されている物もあるので、そこから脱却するためにも、1人ひとりが投資に目を向けて行動に移していく必要があります。

リスク分散の投資を

730-C.jpg

出典:不動産投資 Library

よくリスク分散という言葉を耳にするかと思いますが、このリスク分散の投資というのは、主にインカムゲインと呼ばれる利息や利子等で利益を上げる際の長期的投資によく使われます。
株券を一日に何度も売買するデイトレードや、数日で売り買いするスウィングトレード、外国為替のFX等のキャピタルゲインで利益を上げようとする場合は、リスク分散は一度の利益が少なくなりすぎるのであまり向いていません。
ただ、どちらにしても投資をする以上は、必ず利益が予測できるものだけにしておく必要があります。
利益が出ないかもしれないと思う物に分散して投資する事はリスク分散ではありませんがですが、不思議といくつもの金融商品に「何となく」で投資する人が多いのも事実です。
その金融商品の値段が適切な物か、それからどれくらいの利益を得ようとしているのか、何故そのくらいの利益が出るのか等、全てにおいて理由付けできなければギャンブルとさほど変わらなくなってしまいますので、注意が必要です。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ