資産運用の「リスク」とは?

資産運用とリスク

736-A.jpg

出典:天下雜誌

資産運用や投資をしようと考える時、まず不安になるのは「リスク」についてだと思います。資産運用は、ギャンブルとは違います。しかし、市場のお金の流れによっては、確実にお金を儲けることができるとは限りません。リスク、つまりお金を失うかも知れないと言う不確実性とその不安。そしてリターン、つまり配当が手元にやってくると言う見通しは、常に相反して付きまとうものです。しかし、資産運用についてリスクを気にしすぎることはいいことではありません。リスクというものは、資産運用のみならず私たちの行動に対して常について回るものなのです。100%事故のない自動車を作ることは出来ないように、リスクをゼロにするのは不可能です。将来が確実に決まっている出来ごとが無いように、資産運用にもリスクが付きまとうと言うことです。
もちろん、株式に投資をすると「価格変動リスク」や企業の「倒産リスク」が付きまとうことになります。しかし、現金を安定している大手銀行の口座に預けたとしても、何らかの理由で銀行が倒産するかも知れません。タンス預金のように手元にもっていたとしても、盗難や火事、災害によって消失してしまうリスクもあるのです。つまり、リスクを完全にコントロールすることは出来ません。私たちはリスクをきちんと知った上で、どのような対応をとっていくかを考えなくてはならないのです。

リスクの選び方と投資

736-B.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

さて、リスクについて知っていくにあたり、資産運用、投資の大原則としてリスクとリターンは表裏一体であると理解しなければなりません。利益の損失と言うリスクに対して、私たち投資家は付加価値、つまりプレミアムを求めることになります。小さなリスクでプレミアムを受け取ることができる商品なら、誰でも安心してはじめることが出来ます。しかし、大きなリスクを負う場合は、それだけ大きなプレミアムが付随しなければ投資家は手を出さないでしょう。そのため、ハイリスクな商品はハイリターンをもつことになるわけです。
では、リスクとリターンが常に表裏一体の関係にあるということは理解出来たと思います。つまり、資産運用を行うということには、何らかのリスクを抱えると言うことになります。リスクを抱えると言うことは、どのような資産運用の形をとるのかと考えるきっかけになるのです。
さまざまな資産運用の中で関係が深いリスクが、「インフレリスク」つまり市場のインフレーションによって、もっている貨幣の価値が下落するリスクです。インフレーションが起こると、貨幣価値が下がるため実質的に資本の価値が下り、損失をこうむることになります。現在市場に出回っている資産運用商品はインフレリスクに強いものが多いのですが、現金や定期預金、債券などはこのインフレリスクに弱い商品です。つまり、私たちが殆ど特別な資産運用を行っていないときに抱えがちなリスクと言うことになります。
続いては、「価格変動リスク」です。価格変動リスクとは、投資対象の価格が通貨ベースで上下することです。主に株式などで起こるリスクですが、常に変動している投資対象の価値を、タイミングを見て売り買いし利益を得るのが株式取引の主立った方法になります。つまり、リスクと言うものの、価格変動リスクをもった商品は価格変動がリスクであると同時にリターンになる可能性もあるということです。この価格変動リスクが、資産運用におけるリスクがリターンと表裏一体であると言うことの代表的リスクと言えるかもしれません。

商品選びに使えるリスク

736-C.jpg

出典:WIRED

外国為替取引をする際に問題となるのが、「為替リスク」です。これは、外国為替レートが変動し、その変動幅によって差益や損失をこうむる可能性があると言うリスクのことです。外国為替市場でも、株式取引と同じような取引を行うため、価格変動リスクの一種と呼んでも良いでしょう。こちらも、価格変動リスクと同じようにリスクがリターンのチャンスとなるリスクとリターンが表裏一体になった形のリスクです。
「デフォルトリスク」は、信用リスクとも呼ばれます。企業の倒産や経営破綻、借金の返済がなされないことによるリスクです。企業や政府自治体などが発行した債券や、株式が破綻してしまうことで資産を損失してしまうと言うリスクですが、こうしたリスクは多くの資産運用商品に存在しているものになります。私たちが暮らしている日本の「円」と言う通貨も、日本と言う国の政府に対するデフォルトリスクを抱えているのです。
手元に抱えた商品を売ることができなくなるのが、「流動性リスク」です。売買のし易さや売買量を流動性と呼びますが、こうした流動性が低くなることによって商品を売りたいと思っても売れなくなったり、売れても金額が安くなってしまうと言うリスクのことです。せどりなどでよく見られるのがこの流動性リスクになります。
これらのリスクは、防ごうと思って防ぐことができるものだけではありません。ただ、金融商品を購入しようと考えたとき、これらのリスクがどのくらいの危険性を孕んでいるか、またそのリスクに値するプレミアムがある商品かを見極めることで、リスクをコントロールすることができるのです。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ