初心者のためのいまからはじめる資産運用How to

簡単に出来る資産運用とは

739-A.jpg

出典:CEGOS ASIA PACIFIC

いまから資産運用をはじめたいけれど、何をするべきかと悩んでいる人もいることでしょう。資産運用はきちんと考えれば、初心者から得をすることも出来るんですよ。色々なタイプの資産運用の種類を知ることで、あなたに合った資産運用の方法を調べてみましょう。
ある程度の資産がある場合におすすめなのが不動産投資です。収益性、安定性ともに非常に安心出来、不動産と言う形態をとるために流動性もありません。安心して長い期間資産運用を出来る商品だと言えるでしょう。なんと言っても、毎月家賃収入を得ることができるのがメリットです。初期投資が大きければ大きい程、利益率の高い地域の不動産を購入することができるので、利益幅が大きくなるのもポイントです。また、インフレが起きたときにも不動産と言う商品の価値は然程大きく変わらないため、リスクが小さくて済むのです。金額が大きくなればなるほど、所得税・住民税・相続税の節税としても利用することが出来ます。万が一のときには売却も可能ですから、貯蓄より保険に近い形での資産運用が出来ます。まったくの初心者で、右も左も分からないと言う人は運営を管理会社に委託することもでき、時間に余裕がない人にも向いています。
もちろん、リスクも存在します。物件によっては、すぐに売買できるというわけではありません。また、立地条件などにより入居者がなかなか決まらない場合もあります。アパートやマンション1棟まるごと経営ではなく、1戸ずつ購入できるマンション経営もあるため、初心者でもはじめやすいのが特徴です。

安定している資産運用って?

739-B.jpg

出典:flickr

資産運用として最も有名なものが、「株式投資」でしょう。成長企業や業績が好調な企業に投資をするのが株式投資です。配当金としての金銭的な利益だけでなく、株主優待などの多彩な形で利益を得られます。また、絶対数の多い資産運用方法になるため、情報が豊富であり初心者でも情報の収集が容易です。反面、価格変動リスクと言って急激な株価の下落によるリスクもあります。大手企業の株式を購入しても、投資先の企業は倒産するリスクを持っています。どんなに安全に見えても、絶対と言うことは無いのです。また、企業が倒産した際には株式を売却したくても出来ないことがあるので注意が必要です。一流企業の銘柄など、リスクが低く安定した株価のものもありますから、初心者は証券会社などと相談して、自分に合った優待などのある銘柄を選ぶと良いでしょう。
安定した利益を得られるのが、純金積立です。毎月定額で純金を購入していく投資方法であり、他の資産運用とは異なり利子や配当金は発生しません。積極的にリターンを狙うタイプの「攻める資産運用」と言うよりは、今の資産をできるだけ減らさずに残す「守る資産運用」と言えます。積立額は数千円からと、思い立ったときに手軽に投資をはじめることができます。金には安定した価値があるため、景気が不安定な時代で強みを発揮してくれます。インフレにも強く、株式投資のリスクヘッジにも利用されるほどの安定性を持っています。しかし、もちろん資産運用ですから、購入時の価格を下回って損をする可能性はあります。ただ、他の資産運用と比べれば、安全性は高いと言えるでしょう。

予算から決める資産運用

739-C.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

日本国が発行している債券である「国債」を購入する資産運用も人気ですよね。もちろん、日本国と言う政府が発行しているものですから、安全性はピカイチです。最低金利保証もされているため、リスクは少ないと言えるでしょう。定期預金などと同じように、金利収入が収益となります。最近では、小額から購入出来る個人向け国債にも力を入れているため、比較的チャレンジしやすくなりました。据え置き期間があるため、中途解約は不利になってしまいますが、満期まで持っていれば、元本割れの心配はありません。資産が目減りしてしまうリスクがある他の資産運用方法と比べ、期間さえ守れば完全に保証されていると言う点で勝っていると言えるでしょう。また、一般的な日本の預貯金より高い金利が設定されています。預貯金に比べ利益率が高いため、子どもの保険などとして利用する人も多いものです。個人向け国債は10,000円から、利付国債は50,000円からはじめられるため、学生やフリーターなど資産の少ない人でも安心してはじめることが出来ます。一方、一般的に債券はインフレには弱いと言えるでしょう。インフレが起きてしまうと、利益率は下がってしまいます。また、中途解約すると元本割れの可能性もあります。国債の中でも、「変動金利タイプ」の場合は、見込みよりも金利が下がることもあるので注意が必要です。
自分ではなかなか決めることができない場合は、資産運用をしたいと考えている金額の上限から決めるのもひとつの方法です。少しでもいいから、資産の保証が欲しいと言う人は安定的な国債を、毎月少しずつでも資産を殖やし、貯金のような形で進めていこうと考えているなら純金積み立てがおすすめです。ある程度資産に余裕がある場合は株式投資を視野に入れるのもいいでしょう。よく使うお店などが株式を発行している場合は、株主優待を目的として株式投資を行う人もいます。資産は十分だから、長く安定した収入をと考える場合は不動産投資がぴったりです。初心者でも手軽にはじめられるため、安定した収入を長く得ることができるでしょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ