同じお給料でも、知ってるだけで10年後に差が付く!サラリーマンにおススメの節税・資産運用法。

まずは、自分に合った資産運用法を知るべし。

740-A.jpg

出典:デザイナーズ賃貸併用住宅 Residence+

サラリーマンと言えば、平日は朝から晩まで会社にいるもの。打ち合わせや、予想外のトラブルがあることを考えると、働いている時間帯で資産運用というのは難しい。特に集中力が必要になる短期的ま投機的取引はサラリーマンには向きません。たとえば、FXは常に市場の変動をチェックしていないといけないため、本業がおろそかになってしまう恐れがあります。
また、銘柄株のトレードは、一企業の未来を占うこと。専門知識をなくして不動産事業の収支を考えることは、無理に等しいです。また、自分のアイディアを生かしたマイビジネスは、人生的にいい経験になりますが、お金が増やせるかどうかはまた、別の問題です。また、ネットワークビジネスも、人のネットワークの強さがモノを言う世界なので、すぐに結果が出るものではなく、本業との両立は困難でしょう。
 普通に会社に勤めている人にとって、自分の本業は最高の投資です。身体ひとつで毎月お給料がもらえるという事実にまず感謝して、本業に真剣に取り組むべきです。お勤め人が本業のかたわらで投資するなら、時間と手間をかけない資産運用がサラリーマン向けの資産運用法でしょう。

不動産投資は節税にも効果的。

740-B.jpg

出典:Monkey[モンキー] 

数ある資産運用の中でも、不動産経営はサラリーマンに向いている資産運用術です。長期スタンスで取り組め、手間がかからない、毎月家賃が入ってくる、そしてアウトソージングしやすいことから、平日自由に時間を作れないサラリーマンにとって好条件です。不動産投資では、投資物件の選択が重要です。そして、保有期間中の不動産管理が投資利回りを決定します。そのどちらも自分ひとりで仕切ることは難しいです。プロの鑑定眼を借りてよい物件を厳選し、プロ管理業者に委託して物件を良い状態に保つことができれば、不動産による資産運用ができます。
 また、住宅の購入によって、資産が増える人や増やそうと思っている人も当然多くいることから「住宅購入」に関しての節税方法は重視される傾向にあります。「住宅購入」ではまず多くの控除が設定されています。見落としのないようにチェックすることが大切です。節税効果が期待できる代表的な「控除」としては、住宅ローンの支払い利子の控除、固定資産税の控除が代表的でしょう。また、資産として所有している住宅などの不動産を賃貸した場合には更に、不動産業者手数料、広告費、減価売却費・修繕、修理費 などの項目が控除の対象となります。これらの「控除」を活用していくと、「資産としての住宅購入」への見方も変わってくるのではないでしょうか。特に節税から資産の運用までをトータルに考えたいという人には「住宅購入」の後に賃貸経営を行うことが人気です。
 また、住宅として土地を使っている場合には固定資産税の税率が低くなることなどもあり、節税についてはかなりの効果的と考えられています。土地などの資産がある上で「住宅購入」での資産運用で節税する場合には「住宅購入」のみではなく、購入する住宅のタイプ・用途・土地の有無などをあわせて考えていくことで、効果的な資産運用・節税が実現できます。

投資信託で考える、サラリーマンのメリット・デメリット。

740-C.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

投資信託は、運用のプロフェッショナルに資産の投資・運用を任せる金融商品です。先ほど触れたように、平日に自由に時間の取れないサラリーマンにとっては、投資信託も有効な資産運用手段の一つです。手数料や信託報酬など運用コストがかかったり、預金ではないので元本保証がないなどのデメリットがありながら、小額からの投資スタートが可能であり、複数銘柄の組み合わせだからリスクの分散・軽減につながることや、個人では難しい国・地域や資産への投資が可能なことから注目されています。さらに投資信託がサラリーマンの節税に有効な大きな理由は、確定拠出年金を使って、購入額の10%分は税金が安くなる制度があることです。確定拠出年金用の金融商品を毎月購入するように指示することで、この投資額が所得から減額されるため、所得税の節税になるのです。ほとんどのサラリーマンは10%以上の所得税を納めているはず。しかも累進課税なので所得の多い人ほど節税効果は高まります。さらに住民税も所得に応じて課税されるので、こちらも税金が安くなる可能性があります。通常、投資信託や株式、定期預金、国債などの利益には、譲渡所得か利子所得が約20%かかります。100万円の株式を購入し、110万円の時点で売却すると、10万×20%で約2万の税金がかかります。確定拠出年金では投資信託等で運用するのですが、こちらで運用益が出た場合でも非課税になります。運用した利益に関して非課税だというのも大きなポイントになります。20歳~60歳の国内に住む、専業主婦と公務員以外の人であれば、この制度を利用できる可能性が大。まずお勤め先の規定を確認して、検討してみてください。基本的に途中の解約ができない為、運用途中で自分が対象から外れてしまう可能性がある人は注意が必要です。たとえば、結婚・出産をきっかけに第3号被保険者になる可能性がある、60歳になるまでに海外に移住する可能性がある、企業年金制度のある会社に転職する可能性がある人がそれに該当します。途中解約は積立総額が50万未満であることなど条件があるため、その条件でない方は、解約できないまま拠出もできず、ただ口座管理手数料などのコストを払い続けるだけになってしまいます。
 金融商品や資産運用の方法は、いまや数えきれないほど存在します。税金対策をしている人としていない人とでは、10後の資産が変わってきます。しかし、大切なのは、自己資産とそれに割ける時間のバランスをみながら、どの方法が自分に合っているのか、長いスパンで考えること。月々の給料の変動が少ないサラリーマンにとって、資産運用では、冒険をすることではなく、安全な道を地道にやりつくすことで、必ず資産は増えていきます。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ