税金対策が大切!資産運用時に気を付けたい税金とは

資産運用で儲ければ税金がかかる

744-A.jpg

出典:Kilgallen & Partners

資産運用で収入が発生した場合、その収入に対して税金がかかります。ここをしっかり注意して対応していかなければなりません。例えば、株式投資で資産運用をしている場合、分配金や配当金を得た場合はその金額の20%の税金がかかります。これに関しては確定申告をしたり、証券会社に口座を設けて自動的に源泉徴収されるように設定しておく必要があります。預貯金として預けたものに対して利子が付きますが、この場合は利子取得となり、勝手に引かれているので特に対応する必要はありません。
種類によって手続きが必要なものと必要でないものがあると言うのも知っておきたいポイントですね。このように投資をするにあたっては、最初に税金に対しての手続きをどうしておくのかをしっかり把握しておく必要があります。


節税の方法を知っておくことも、資産運用では大切なこととなります。例えば株式投資と投資信託の2つの投資を行っている場合は、どちらかで利益が出てもどちらかが損をすれば、それらの利益と損益を合算して計算することが可能です。こうすることで、税金がかかる金額が減り、節税となります。これを知っているのと知らないのとでは大違い。資産運用をするなら、きちんと税金の知識もつけておきましょう。

資産運用では所得税に注意して!

744-B.jpg

出典:Monkey[モンキー] 

資産運用で関わってくる税金にはいろいろありますが、最も気を付けたいのはやはり所得税。資産運用しか行っていない場合と副業として資産運用をする場合によって条件も異なるので、注意が必要です。
株式や投資信託の場合の税金は、証券口座を使ったり、株式投資専用の口座を利用して自動的に引き落とすことで面倒な手続きを避けることが出来ます。
源泉徴収ありの特定口座で取引をしたり、投資信託の公社債投資信託であったり、債権などの利子所得の場合は税金が勝手に支払われ散るようなものなので、手続きが不要です。このような手続きがいらないものもあるので、まずは手続きが必要かどうかをチェックしておきましょう。
不動産投資の場合は、建物の修繕費など費用としてかかったお金を収益から引いて所得を申請することが出来ます。これも節税に於いては非常に需要なポイントとなります。
FXでも約20%の税率がかかりますが、株式や投資信託のように損失分を合算して節税をすることが出来ないので要注意です。


年間の収入が20万以下の場合は、そもそも税金の申告をする必要がないので、こちらの場合も手続きが不要です。他にも細かい税金の決まりがありますし、税率は年によって変わることがあるので、資産運用をする際はしっかり税金についても勉強しておくべきでしょう。


所得税がかかるということは、主婦であってもその投資で得た金額が収入とみなされるということです。例えばご主人の扶養に入っている場合は、投資で儲けた分が扶養内の金額を超えてしまうと、様々な費用が掛かる可能性があるのでその点を十分注意してから資産運用を行っていきましょう。場合によっては個人事業主として一度申請しておいてから投資を始めることもオススメです。こうすることで、確定申告の時に最大で65万円の控除を受けることが出来るので、大きな節税へとつながることでしょう。

税金の解らないことはプロに聞こう!

744-C.jpg

出典:セルコホーム株式会社

初心者にとっては少し難しい部分もある資産運用における税金。気になることがあれば、プロに頼るという方法もオススメです。例えば、信託銀行の相談窓口や、証券会社のコンサルタントなどに相談することも可能です。非常に丁寧に教えてもらえるので、資産運用をまだ始めていない人にはオススメです。
最近では税理士やファイナンシャルプランナーなどに相談する方も増えているそう。信頼できるプロの相談相手がいれば、非常に心強いでしょう。


ただ、こういったプロの相談ではお金がかかることもありますし、いきなり人に聞くのはちょっと怖い・・・。という人には、書籍で勉強したり、ネットの情報で知識を得ておくことがオススメです。資産運用に於いても勉強は大切。学生の頃を思い出しながら、ノートに自分なりにまとめてみるのも良いでしょう。


株や不動産投資に必要となる手続きの多くは確定申告なので、多くの人が必要とする税金対策は確定申告と考えていいでしょう。確定申告の方法は解りやすくまとめている書籍も多いですし、税務署に行って相談をすることもできます。確定申告前には税務署で無料相談を行うので、そのサービスを利用しても良いでしょう。得た利益の金額や種類によっては申告が必要ないこともあります。最初にチェックするべきは国税庁のHP。そこで自分の得た利益や得るであろうと予測される利益が申告の対象となっているかどうかを調べておくと便利です。


自分で調べてもなかなか理解できない時は、やはりプロに質問したほうがいいでしょう。直接話すのは気が引ける、と言う場合は電話相談を受け付けているところや、メールでの相談もOKな場所を選んだり、無料で相談できるプロを探してみましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ