めざせ投資家デビュー 性格別おススメ投資・資産運用 

近年資産運用のための投資が増えている!

750-A.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

近年資産運用のための投資が増えている!
近年、アベノミクス政策や、少額投資非課税制度(NISA ニーサ)の開始をきっかけとして、資産運用や資産形成をはじめる方が増えています。特に、NISA商品は、発売当初、パンフレットが品切れになるほどの人気ぶりだったそうです。楽天証券の調査によると、2013年上半期に投資デビューしたビギナーの方々は、月々2.5万円という少額から投資を始めているそうです。
最近の懐事情の冷め具合であまり大きな初期投資はできないけれど、投資で資産運用してみたい……。そんな、投資に興味のある方々に、代表的な投資商品をご紹介します。


近年資産運用のための投資が増えている!
近年、アベノミクス政策や、少額投資非課税制度(NISA ニーサ)の開始をきっかけとして、資産運用や資産形成をはじめる方が増えています。特に、NISA商品は、発売当初、パンフレットが品切れになるほどの人気ぶりだったそうです。楽天証券の調査によると、2013年上半期に投資デビューしたビギナーの方々は、月々2.5万円という少額から投資を始めているそうです。
最近の懐事情の冷め具合であまり大きな初期投資はできないけれど、投資で資産運用してみたい……。そんな、投資に興味のある方々に、代表的な投資商品をご紹介します。


近年資産運用のための投資が増えている!
近年、アベノミクス政策や、少額投資非課税制度(NISA ニーサ)の開始をきっかけとして、資産運用や資産形成をはじめる方が増えています。特に、NISA商品は、発売当初、パンフレットが品切れになるほどの人気ぶりだったそうです。楽天証券の調査によると、2013年上半期に投資デビューしたビギナーの方々は、月々2.5万円という少額から投資を始めているそうです。
最近の懐事情の冷め具合であまり大きな初期投資はできないけれど、投資で資産運用してみたい……。そんな、投資に興味のある方々に、代表的な投資商品をご紹介します。


近年資産運用のための投資が増えている!
近年、アベノミクス政策や、少額投資非課税制度(NISA ニーサ)の開始をきっかけとして、資産運用や資産形成をはじめる方が増えています。特に、NISA商品は、発売当初、パンフレットが品切れになるほどの人気ぶりだったそうです。楽天証券の調査によると、2013年上半期に投資デビューしたビギナーの方々は、月々2.5万円という少額から投資を始めているそうです。
最近の懐事情の冷め具合であまり大きな初期投資はできないけれど、投資で資産運用してみたい……。そんな、投資に興味のある方々に、代表的な投資商品をご紹介します。

主な投資商品① 株式・債券・FX

750-B.jpg

出典:Daily Dose of Irrational Exuberance

株式
投資の代表的な商品といえば、株式。企業の株式を購入・売買して収益を回収する株式投資。購入した株の値上がり幅(キャピタルゲイン)と配当金(インカムゲイン)が収益となります。大きなメリットとして、株式を買うと、株主優待券のサービスを受けられたり、口数によっては企業の運営に一部に携われるなど、社会的な価値も高いのが特徴です。比較的少ない元手で始められます。
☆投資の他にも、多様なサービスにも興味がある方。


債券
債券とは、国や政府・地方公共団体、企業などが、資金を投資家などから借り入れるために発行する有価証券の一種です。債券の発行ごとに利率や利払日、償還日などの条件が決められており、購入した投資家はその利子を受け取ったり、元本を返済されたりします。
日本が発行する日本国債は、世界的に見ても、高い安全性を誇り、安心して投資できるため、リスクを避けたい投資初心者にはおすすめです。
しかし、金利が他の投資商品に比べても低く、近年は国債の利回りが低水準を維持していますので、「ハイリスクハイリターンで、がっつり儲けたい!」という方にはあまりおすすめできません。
☆こんな方におすすめ:とにかくリスクが低い、ローリスクローリターン希望の方。


FX
FXとは「Foreign Exchange」の略のことで、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。「外為(がいため)」の略称でも呼ばれています。 ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。約4万円程度から始められ、自己資本金額の最大25倍まで投資することができます。つまり、持っている金額以上の額で投資を始めることができ、24時間体制で臨むことができます。
デメリットとしては、元本割れする危険性があることが挙げられます。
☆こんな方におすすめ:ハイリスクハイリターンでがっつり稼ぎたい方

主な投資商品② 金・投信・不動産

750-C.jpg

出典:デザイナーズ賃貸併用住宅 Residence+

金・プラチナ
純金やプラチナの現物に対し、投資を行う方法です。つまり、家には常に金を所持している状態になります。純金積立とは、毎月金額やグラム数を決めて自動的に積み立てていく購入方法です。会社の株式とは違い、たとえ国や企業がなくなっても、その価値が失われることはなく、金は世界のどこでも通用する「無国籍通貨」なのです。今後、新興国の経済発展によって、スマホやコンピュータの部品としてもつかわれている金の需要は大きく伸び、金額も上がっていくと予想されています。デメリットとしては、金価格の変動リスク、為替変動リスク、金利上昇リスク、盗難リスクが考えられます。
☆こんな人におすすめ:リスクの少ない積立に興味がある方。


投信
投信とは、投資信託の略で、少ない投資金額(多くは1万円から)でも効率的な資金運用ができるようにつくられた商品です。一人ひとりの投資額は少ないですが、より多くの人からお金を集めて大きな金額にして、いろいろな金融商品を買い、そこから得られた利息や売却益等を、その購入金額の割合によって分配します。
メリットとしては、何より初期投資額が少なくて済み、失敗のリスクを最小限に抑えられることです。満期があるものとないもの双方を選ぶことができます。
リスクとしては、投資先の経営状況などに応じて、元本割れをしてしまう危険性が低くはないことが挙げられます。
☆こんな人におすすめ:最初は少ない金額から始めたい方。少ない出資金で、大規模投資先への投資をしてみたい方。


不動産
不動産投資は、マンションなどを購入して、それを資産として家賃やテナント収入で収益を回収する仕組みです。2015年1月の相続税改定以後、節税対策として、現金で不動産を購入し、投資をしている方が増えているそうです。
メリットとしては、他の投資商品と比べても利益回収率が長期的に安定していることです。入居確約分は基本的に収入が保証されるので、長期的な収益が可能です。
リスクとしては、初期投資(不動産購入費用)が高いこと、入居者がいない空白期間はコストだけがかかってしまったり、管理費など細々とした支出が多いことなどが挙げられます。
☆こんな人におすすめ:安定した投資計画を進めたい方


いかがでしたか?
それぞれの特徴をいかし、自分にあった投資計画をたててくださいね。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ