投資をすれば儲かるという考えは失敗を招きます

知らない投資は失敗します

821-A.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

 投資はお金を用意する事が全てと考えていませんか?
 みなさんが投資が投資をしようとする時には、手元の大切なお金を増やすという目的は共通しているでしょう。
 しかし、現実にはお金を増やすどころか損をする方や借金までして投資する方もいます。
 逆に、手堅く資産を増やしていく方もおられます。では、失敗する方々は偶然失敗しているのでしょか?
 答えはノーです。失敗する方々の多くが同じイメージを抱いて投資を開始します。
 それは「お金さえ出せば、投資は成功する。」と考えています。それはナンセンスな答えです。
 なぜなら、投資には様々な種類があり株式やFXから不動産、金や石油等私たちにとって
 身近なものから縁遠いものまで様々な投資が存在しています。
 そして、当然ながらそれぞれの投資に長所、短所など特性があります。
 車という分類に軽自動車から大型トラック、バスまであるのと同じです。
 考えて見て下さい。
 大型トラックを軽自動車のように利用したらどうなりますか?
 スポーツーを引っ越し車両として利用したらどうなりますか?
 上手くいかないどころか害が出るでしょう。
 こうならないためにも、「お金さえ出せば、投資は成功する。」という考えは持たずに次のことを実行しましょう。
 それは、「一般的な投資の種類と内容、投資をするた めの十分な資金」を知ることです。
 インターネットで簡単に検索できるので難しくはないでしょう。調べられるとおわかりですが、
 数多くの投資方法が紹介されていると思います。
 その中でも今回のテーマである失敗しやすいと思われる投資をいくつかお伝えしたいと思います。

ギャンブルに近い投資は失敗しやすい

821-B.jpg

出典:セルコホーム

投資にはさまざまな種類があるとお伝えしましたが、その中でもギャンブルに近いと思われる投資方法があります。
 ギャンブルとは、予測しにくいという意味で考えて下さい。
 ギャンブルに近い投資方法としてFX、先物取引、外国株式や海外不動産があります。
 まず、FXです。現在では投資といえば、株式、FXと多くの方が認識されるほど認知度が高まっていますが、
 「認知度が高い=安心」ではありませんのでご注意ください。「外国為替証拠金取引」など呼ばれますが、外国の通貨を売買して利益を出します。
 少ない資金をレバレッジを利用して大きな利益を狙えるシステムです。
 例えば、5万円を証拠金としてFX業者に預け、レバレッジを20倍にすれば、100万円分の取引ができます。
 反対に、損をする場合も100万円分の取引と同じです。当たれば短期間に儲けが大きいという理由により人気となりましたが、
 高いレバレッジでの無理な取引での大損や、世界的な規模の経済を予想する能力を必要とする投資ですので、一般人にはそれが困難です。
 結局単なる根拠のない勘を利用することになり、失敗するケースがほとんどです。
 さらには、一定時間内に貨幣価値が上がるか下がるかの2択をする取引も人気を博しており、堅実な投資というよりもギャンブルに近い投資方法といえるでしょう。
 先物取引についてですが、大豆やとうもろこし、原油などがあります。
 これは、少ない保証金で、それら商品を将来の一定期日において現時点で決めた価格で取引する投資です。
 この取引も将来の価格を予測しにくい上に、レバレッジを利用しているので失敗したときの損失が大きいです。
 外国株式や海外不動産についてです。アジアの株で大儲けというような話は多いですが、それはごく一部の現地経済や
 現地の企業と接点があるので可能であって、一般の知識も情報もない方が投資するということは無謀です。
 また、海外不動産についてですが、日本国内のイメージで安心できる投資という印象を抱く方も多いですが、それぞれの国の不動産に関する法律、
 税法など日本とは異なりますので何も知らずに投資すれば、取り返しのつかない失敗になるケースも多いです。
 では、次に投資を失敗しにくい投資が存在するのかという点をお伝えします。

失敗をしにくい投資とは

821-C.jpg

出典:lifehacker

投資の中でも比較的に失敗をしにくい手法があります。ただし、急に大きな儲けが期待できるわけではありません。
しかし、失敗して損失を出すよりも投資の勉強をしながら少ないながら収益を出すのはどちらが賢明かはおわかりだと思います。
失敗しにくい投資として、国内株式、国内不動産があります。国内株式は皆さんが投資といえば最初に思い浮かべる投資方法でしょう。
様々な銘柄がありますが、変動の激しい業界は避けて地味な業界で安定していると思う株式を買うパターンが一般的です。しかし、注意してもらいたいことがあります。
それは、手元の予算が少ない場合は、貯金をしながら株の勉強を行い、できれば株に詳しい人に情報をもとに決めましょう。
もし、余裕のない予算に縛られて少ない選択肢から業績が傾いている会社を選び失敗する確率が高いです。
国内不動産については、失敗しにくい理由として物件購入まで不動産会社担当者、金融機関担当者などの専門家と一緒に投資すべきかを考えることが出来ます。
第三者から客観的なアドバイスをもらい、自分でも勉強することにより投資に失敗する可能性が低くなります。もちろん優良な不動産業者さんを選ぶように努力はしましょう。
最後になりましたが投資をすれば儲かるという考えではなく、投資について学び失敗しにくい投資を選ぶという考えをおすすめします。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ