投資の初心者がやってはいけない3つのこと

周囲の影響を受けてすぐにはじめること

822-A.jpg

出典:株式会社 小永吉建設

最近は、自営業者、サラリーマン、主婦やフリーターと多くの方々が何らかの投資をやっている、
あるいははじめようとしています。
あなたも、自分の身近な人が投資をしており儲かっているという話を聞けば興味を持つ可能性が高いでしょう。
そして、その人と同じような投資をはじめるケースは多いです。
しかし、投資の初心者はいきなりお金を使うべきではありません。
なぜなら、そのような投資は素人である身近な友人なり知人に100%依存しており、投資方法や出資金を一切考えずに出しており、
ギャンブルと同等の行為だからです。
結果的に、依存する相手がかなりの実力者であったというケースも可能性としてはありますが、
そのような運を天に任せるような行為は避けるべきです。
では、初心者はどのような行動をとるべきかという点についてお伝えします。
それは、投資をやっている人に5つの質問をすることです。
もちろん、損を認めたくない人が多いですので、質問にはありませんが「いくら儲けた。」と言う部分は
多少上乗せされているという気持ちで聞いて下さい。では、質問内容についてですが、1「今まで取り組んだ投資の種類」
2「その中で一番お気に入りの投資方法」3「2の理由」4「どういう性格が向いていると思うか」
5「資金的にはどの程度必要と考えるか」と聞くとよいでしょう。そして、自分自身が興味を持った投資方法があればさらに知識を入れて、
資金的にも問題ないと判断してから出来る限り最小単位で投資をはじめるとよいでしょう。

余裕資金以外は手をつけない

822-B.jpg

出典:UTWO(ユーツー)

投資の初心者によくある例が、将来的には必要だが今すぐは使わないお金、例えば教育資金、住宅購入の頭金、車両購入のための貯金などがあります。
これらの資金を投資に利用して失敗するケースです。初心者の方は、雑誌やインターネットの記事を見て利回りが高いというだけで
手元の資金が増えていく事を想像します。そして、金融機関などを訪ねて専門家と話して決めれば預金とは比較にならない位お金が増えると考えがちです。
ところが話はそう単純ではありません。金融機関が扱う金融商品には数多くの種類があり、どれがあなたに適しているかを判断することは困難です。
なぜなら、どんなに長くても2時間程度しかコミュニケーションが取れない中、あなたに適した商品を見つけだすことは無理でしょう。
もちろん、専門家も熱心に耳を傾けて話は聞いてくれるでしょう。
しかし、結局は全体的に人気があり予算の範囲内である商品を紹介することになる可能性が高いです。
その商品があなたの状況に適していなければ、全額を失うことはないにしても大きな損失を出す場合は十分考えられるのです。
もうおわかり頂けたと思いますが、投資は損をするという事も考えなければなりません。
初心者の方は投資とはお金を確実に増やす方法と間違った認識をしている方が多いです。そこでもう一度お伝えします。
「投資とは、お金が増えることもあれば損をして失うこともある。」そう考えると、余裕資金しか用いてはいけないという点を十分ご理解できると思います。

投資の初心者は少額投資以外は行わない

822-C.jpg

出典:UTWO(ユーツー)

「投資は、多くの資金をつぎ込んで高いリターンを得るのが醍醐味である。」このように思われている方が、初心者の中に多く特に男性に多いでしょう。
残念ながら、このような考えは非常に危険です。中でも、退職金などを手にした方は投資の事を全くわからないので「同じ銘柄に全て資金を使った。」
「大きく投資すれば大きなリターンがあると聞いたので、資金は全てつぎ込んだ。」という方も少なからずおられます。
投資を理解していない状態でこのようなやり方はすべきではありません。前にもお伝えしましたが、投資とはお金を失うこともあります。
当たり前ですが、みなさんはお金を増やそうという目的で投資をはじめます。しかし、このような投資法方はわざわざお金を失うために行う行為と言えるでしょう。
そうならないためにもまずは少額の投資が良いと思われます。
投資をはじめればおわかりになると思いますが、初心者の方は「自分はこの投資方法のみでやっていく!」とはじめても、
実際は様々な投資に取り組み自分に適した分野を見つける場合が多いです。最初は、少額で出来る投資をいろいろ試して経験する方が良いとでしょう
。具体的に多い例が株や投資信託、不動産信託投資(REIT)、日経225は開始時期によりある程度の幅はありますが、
20万円程で取引が可能と思いますので初心者の方には適しているでしょう。
その時に、次の3つの項目を記録すると非常に役に立ちます。まず、「どのくらいの期間でどの程度利益を得るかという予測。」
次に、「実際にはじめて予想と大きく異なったこと。」最後に、「利益、あるいは損失がどの程度出たか。」
記録することにより、自分自身の実力がわかります。このような地道な努力が投資における能力を高めます。
投資の初心者は、最初から自分で考える力を身につける行動を行い、少額の余裕資金で投資能力を身につけるという
考えを持つことにより将来的にはしっかりと収益を生み出す投資家となれるでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ