投資のメリットは人生を変化させるきっかけとなること

真剣にお金の勉強ができるというメリット

825-A.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

学校や職場でお金や投資の勉強が必須のカリキュラムでありましたか?こう質問すれば、ほとんどの方の答えはノーです。
日本人である私たちは、小学校から大学、就職してもお金や投資に関する勉強はさせられません。
もちろん自分で学んだり金融機関等に就職すれば別ですが、基本的にお金に関して積極的に関与する事はよろしくないという風潮が強いです。
そのような理由で私たちはお金の使い方に関して深く考えていません。投資をはじめた多くの方々が、
お金という存在を真剣に考えるきっかけになったと言います。なぜなら、投資をはじめるということは、必要な資金を用意して投資を行い、
結果である利益を出して税金等の支払いを済ませるという流れを自分の力でしなければなりません。
特に、大学まで親に面倒をみてもらってサラリーマンになった場合はお金について真剣に考える機会も少なく、お金は貯金すればよいという意識でしょう。
そういう方ほど投資のメリットが大きく、投資をはじめると人が変わったようになります。もちろん、投資の最大の目的は資産を増やすことですが、
その過程で確実に会計や税制面について学び、世の中の経済面について知ることになります。
そうすることにより、お金に関して今後の人生において安定するためにどうするべきか考え行動することとなるでしょう。
真剣にお金の勉強ができるというだけでも大きなメリットであると思います。

自分に適した投資方法を探すことができる

825-B.jpg

出典:ザ・チェンジ

投資と言えば、株式やFX、投資信託や不動産を思い浮かべるかと思いますが、ほかにもインターネットさえあれば
日本国内どこにいても取り組む事ができる投資方法は数多くあります。海外不動産や海外投資信託、国内債券に外国債券、年金商品、
原油や穀物、金、アンティークコインにワイン投資など数多くの投資方法があります。
さらに、国内不動産投資を例にあげれば、新築マンション、新築ワンルーム、中古アパート、ワンルーム一棟投資、首都圏か地方都市かなど
不動産だけでも数多くの投資手段があります。投資のメリットの一つはこのような数え切れないほどの種類があることです。
一般的なイメージでは、投資は経済に強い経済学部卒や会計に強い人が成功できる分野と思われがちです。
もちろん、数字や会計に最初から強ければそれに越したことはないでしょうが、それらが苦手だからといって
投資という勝負の世界から退場せずとも戦うことができます。その理由を2つの例でお伝えします。
例えば、投資をしたいけど株式とかは数字を見ても何もわからないし、用語も覚えようとしても上手くいかない人がいたとします。
そして、趣味は食べ歩きとしましょう。こういう方は、ワインの投資などに向いている可能性があります。あまり知られていませんが、
参考までにお話しするとワインは金融商品よりはるかに利回りが良い場合などがあります。もちろん商品と時期にもよりますが、投資をするには十分な魅力的な分野です。
もう一例として、サラリーマンの業務で広範囲に様々な県に常時出張する人がいたとします。この場合、不動産投資に取り組めば他の方よりも
広範囲の物件出張のついでに見ることもできますし、地域の不動産とコミュニケーションを継続して取れますので数字や会計に弱くとも、
不動産投資で成功するために必要な物件確認や業者との連携も取れますので、安易に株式や国内信託をするより多くの収益を手にする可能性があります。
このように、「投資=経済や会計の能力がないといけない」という分野ではありません。是非とも地道に自分に合った投資を選んで下さい。

客観的、計画性を持つメリット

825-C.jpg

出典:株式会社i・e・sリビング倶楽部

どのような投資においても客観的な分析を行い計画性を持って取り組まないと成功しません。私たちの大部分が客観的に物事を判断できません。
そして、計画性を持って行動している人も少ないです。しかし、投資においてはこれらを持たないと上手くいきません。
成功した投資家が、「最初はいろんな投資をしても上手くいかなかったが経験を積んで上手くいくようになった。」とお話をされます。
もちろん投資分野の知識や数字に強くなったという理由もありますが、客観的に判断して計画を立てて実行したことによる成功も大きいです。
また、客観性計画性を持つメリットは日々の生活、人生において非常に役に立ちます。
コンビニエンスストアに通う会社員を例にすると、投資をはじめるまでは、朝会社の出勤前に缶コーヒーと栄養ドリンクを買いに寄り、ちょっと目にしたお菓子を買います。
そして昼にお弁当とお茶を買います。さらに退社後、家での暇つぶしのために雑誌を買ったとしましょう。全部合わせて2千円とします。
それを出勤するとき毎回していたら仮に25日出勤として2千円円×25(日)で5万円の出費です。このような方が投資をはじめると、
多くの方がこれらを削減してお弁当と水筒に変えると3万円は浮くでしょう。投資信託は1万円ほどで始めることが可能ですので3万円分を一年継続すると36万円投資して、
上手くいけば40万円になります。さらに、税金の面でも問題なく節税ができれば、所得税も少し戻ってくるでしょう。
そうなると、来年はもっと投資を頑張ろうと計画して人生プランを設計するでしょう。このように、収入が多くないとしても自分自身の努力でお金は作れるものです。
投資におけるメリットはお金だけではないですので、一日でも早く取り組みましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ