投資の元本割れの時の心理を学びミスをしないようにしましょう

ほとんどの投資に元本割れが存在する

830-A.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

まずは、元本割れについてお伝えします。投資を経験されていない方からすると、例えば100万円預けたとして、
戻ってくるときに100万円以下になるということは考えられないでしょうし、そのような事が起これば全国版のニュースに出るでしょう。
それほど考えられない話です。
しかし、投資という分野においてはどうでしょうか?投資においては、ほとんどの商品あ元本割れをしないと言う保証、
「元本保証」はありません。実際に投資を始めれば、ある時期に元本割れして、最終的には利益が出たというケースが多いです。
元本を失いたくないというのであれば、普通に預金をするべきでしょう。ただし、金利が限りなく低いため、投資と呼ぶことは難しいですが。
元本割れといっても投資によりその変動が異なります。一般的な投資において、元本割れの程度が大きいものと小さいものをご紹介します。
まず、元本割れの程度が大きくなる可能性がある代表的な投資が、先物投資とFXです。先物投資とは、少ない保証金により大きなお金を動かします。
例えば10万円を出資して100万円の取引をすると考えて下さい。簡単に言えば、5%損をしただけで5万円失います。つまり元本が半分になるのです。
先物投資については、危険と言った印象が強いのですぐに納得されたと思いますが、実はFXも同じです。
FXと言えばレバレッジと呼べるほどセットで認識されています。レバレッジとは10万円の証拠金を利用して、レバレッジが10倍であれば、
100万円の取引をします。FXで恐ろしいことは、秒単位で数字に変動があるので、レバレッジ10倍で取引をしていると一瞬元本を失い事も多くあります。
実際にFXを収入源として仕事をしていた方の多くが、かなりの資産を築いていてっも一夜にして無一文になっています。
これらの取引は、元本割れの可能性があるというよりも、元本を失う可能性があると考えたほうが良いでしょう。
次に、元本割れの程度が少ないといえる投資は投資信託といえます。投資信託にもハイリスクなものもあればローリスクのものもあります。
まずは、ローリスクのファンドに投資してみる方法が無難でしょう。

損をすると人は合理的な行動が難しくなる

830-B.jpg

出典:セルコホーム

元本割れが起こると、間違いなく損失のある状態といえます。ここで非常に注意しなければならないことがあります。
それは、人間は元々合理的ではありません。手持ちがないのにクレジットカードで必要ではないブランド品を買ったり、
現在の収入では支払いが大変であるという数字が出ているのにも関わらず、住宅ローンを組みます。
この程度ならまだ良いですが、投資において元本割れという損失があるとさらに非合理な行動をとるケースが多いです。
なぜそうなるかという点ですが、次のポイントを覚えて下さい。「人間は同じ額の利益と損失が与える影響を比べた場合、損失を嫌い損失回避を行う。」
これは、行動経済学という分野が教えてくれる重要なアドバイスです。
元本割れが仮に1万円であっても、この損失に関してとても神経質になり、1日でも早く元本を戻そうとします。この現象は誰にでも起こるでしょう。
私たちが生活する中で、高額の家電製品を買った後に、インターネットサイトなどで自分が高い価格で買っていないか、
つまり損をしていないかを確認する作業が言えるでしょう。
もし返品可能な商品でしたら、きっと返品してでも損失がすくない商品を買い直すでしょう。
投資ではこのような考えが問題を引き起こす場合が多いです。その理由は自分の都合で急いで元本を取り戻そうとする事です。
投資市場は活発なとき、低迷、横ばいと日々変動します。損失を出すと我を失い、強引に取引額を大きくしたり、ハイリスクハイリターンの投資に
手を出したりします。そして、結果的に全てを失います。
元本が割れた場合は「今、自分は損失ばかり意識して焦っているので用心しよう。」という気持ちをもち、ゆっくりと取引を行うようにしましょう。

投資をはじめる段階で元本割れの時どうするかを決めておく

830-C.jpg

出典:Risk & Insurance

先ほどもお伝えしましたが、元本割れにより非合理の行動を起こす可能性が高い事をご理解頂きました。
そのような場合が心配な方は、次の方法をおすすめします。
その方法とは、投資を始める前に元本割れの時の対策を決めておくことです。
具体的には、○○万円元本割れした場合には銘柄をローリスクに変える、さらに○○万円元本割れした場合は取引をやめる。
このような内容を紙に書いてパソコンの横など
見える所に置きます。実際に取引を始めればわかると思いますが、利益が出ているうちは余裕をもって望めますが、損失が出て、
さらに元本が割れてしまうと自分では覚えがないような取引をしてしまい、気づいた時には手遅れになることが多いです。
もちろん、自分は精神的に強いので紙にまで書かなくともその場の判断で大丈夫というかたも
おられるでしょう。しかし、投資をはじめて間もない方は元本割れで我を失う方がほとんどです。
格好悪いとか考えずに元本割れの時の対策を決めておくことをおすすめします。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ