資産運用の利回り

資産運用の対象となる金融商品とリスク・リターンについて

837-A.jpg

出典:株式会社 小永吉建設

資産運用の対象となる金融商品は、銀行預金、債券、株式、不動産と様々な特徴を持っています。銀行預金は、日常的に使うためのお金であり、リターン目的ではなく、安全資金で運用する目的の資産です。債券は、定期預金と似ていて、基本的には元本保証であり、銀行預金と同様に、安全資金で運用する目的の資産です。よって、銀行預金と債券は、ローリスク・ローリターンの資産であるといえます。
これに対して、株式はリターン目的の、増やすためのお金であり、収益目的の資産です。ただし、株式は、株価の値上がりによる利益も期待できますが、値下がりリスクもあります。よって、株式は、ハイリスク・ハイリターンであるといえます。
不動産は、居住目的ならリターン目的ではなく、住む目的になり、安全資金で運用する目的の資産です。賃貸投資目的なら家賃収入を期待するため、収益目的の資産になります。

銀行預金の特徴と利回り

837-B.jpg

出典:Conexión ESAN

銀行預金には金利がつきます。元本割れはなく、万が一の場合でも、1金融機関で1人あたり1,000万円と利息については、保護されています。銀行預金の利子は、固定金利商品と変動金利商品があります。現在の日本では、金利が低いため、変動金利が有利でありといえますが、あまり高い金利は期待できないので、リターン目的ではなく、安全資金として、保有しておくようになるでしょう。

債券の特徴と利回り

837-C.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

債券のメリットは、銀行預金と同様に利息がつき、債券の金額の値上がりによる利益が得られることです。デメリットは、値下がりによる損失がありえることです。債券とは、国や地方公共団体、民間企業が、債権者から資金を集めるために発行する借用証です。
債券は、満期まで所有し、発行時に決められた利率で、固定金利であれば、必ず一定の利息が支払われます。また、満期時には、必ず、額面金額での返済が約束されているのが特徴です。よって、購入者は安心して投資することができます。ただし、債券は償還前に時価で、売買することができる性質を持つため、債券の価格変動により、元本割れする可能性があります。債券の利息の金額は、利回りで決定します。単純な応募者利回りでいうと、2015年8月現在、個人向けの国債で、10年もの、固定金利で、0.38%になっています。
債権の価格は、市場金利と連動します。市場金利の上昇により、債券の価格は下落します。逆に、市場金利が下落すると、債券の価格は上昇します。この債券の価格による変動リスクのことを価格変動リスクといいます。債券は、安全性が高く、値下がりリスクが低いので、ローリスク・ローリターンの傾向がある金融商品であるといえます。


株式投資のメリットは、配当金と株主優待が年に2回ほど、貰えることです。また、値上がりによる利益が得られることです。デメリットは、値下がりによる損失がありえることです。値上がりや値下がりに関しては、債券と同様です。株式会社が発行した株券のことをいい、その所有者のことを株主といいます。配当金は、発行会社の業績が良ければ、支払われますが、株主総会の決議により、決定するため、保証があるものではないです。無配当ということもありえます。配当金の指標として、配当利回りがあります。配当利回りとは、投資金額に対する配当金の割合示すものです。株式の金額の値上がりや値下がりも、配当金と同じく会社の業績や、日本や外国の景気により変動します。金利の上昇は、株価の下落を、逆に、金利の低下は株価の上昇につながります。また、収益性の指標として、株価収益率があります。株価収益率とは、株価1株当たり純利益に対して、どれだけの倍率であるかを示す指標です。したがって、株式投資を行う際は、配当利回りと株価収益率の指標をもとに、成長性の高い会社にどれだけ、投資できるかがポイントとなります。


不動産経営のメリットは、家賃収入が得られることと、値上りによる利益が得られることで、デメリットは、値下がりによる損失が発生する可能性があることです。不動産経営における収益性の指標として、利回りの指標があります。利回りには、表面利回りと実質利回りがあります。表面利回りは、物件価格に対する年間の家賃収入の割合になります。実質利回りは、実質の物件価格に対する実質の家賃収入の割合になります。
実質の家賃収入は、毎月の家賃から管理費等を差し引きして、年間のベースにします。そして、固定資産税と都市計画税などの税金を差し引きします。実質の物件価格は、購入価額に不動産業者への仲介手数料、取得時に要した不動産取得税や登録免許税の税金、中古の物件の場合、リフォーム費用を加算した金額になります。よって、購入価額以外のコストを抑えて、物件価格を引き下げることが利回りを上げるポイントになります。ただし、不動産利回りは、他の金融商品に比べて高い傾向があり、方法次第ですが、通常、5%前後といわれています。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ