資産運用で節税しよう

資産運用で節税・税金対策がどうして必要なのか

840-A.jpg

出典:セルコホーム

お金をつかってお金を増やす資産運用ですが、節税・税金対策になるってきくと本当なのと疑問に思う人もいますが、本当に可能なのか。資産運用以外にも、相続とか税金やらその他お金にまつわる諸々を、そろそろちゃんと知っておきたいお年頃になってきた筆者です。今日は自分自身のライフプランに節税・税金対策をふまえた資産運用がどうして必要なのかを本章の前に、節税・税金対策をすることははたしてどんな効果をもたらすのかをきちんと把握して準備しましょう。
節税・税金対策をすると国に収める税金が減り、自分自身に残るお金が増加することになります。したがって、コスト削減につながり、資産運用上でのメリットでは効率的に運用できるようになることを相対的に意味しているものであり、また節税いうキーワード自体を考えてみると企業や経営者だけのものだと思う人もいるかもしれませんが、それは違います。会社員や自営業の方でも近年では資産運用が流行しています。
そこで効率的にお金を稼ぐためのホットなキーワードとして節税・対策が必須ワードにもなってきています。それでは資産運用方法別にどのような節税・税金対策ができるのか一緒におさえていきましょう

不動産投資による収益モデル

840-B.jpg

出典:Capital Tree

不動産投資による収益モデルは「賃貸収入−経費=収益」という式で表せます。
大きく分けて不動産投資のメリットとして以下の3つが考えられます。
まず1つがに比較的、安定した収入があり、2つ目にはインフレに強いこと、3つ目には今回のテーマでもある節税効果(所得税、相続税)となっています。この所得税に関してですが先ほどの式の中にある収益には自動的に不動産による所得税がかけられ、あくまで合法な範囲で必要な経費を計上しすることで課税をコントロールすることで節税効果をあげることが出来ます。このように節税効果で人気な投資方法が不動産投資になります。
ここでいう経費の種類は非常に重要です。経費のほとんどをしめているのが不動産保有に対する減価償却費です。ここでいう減価償却費とは固定資産(土地をのぞく)は、時間を経て使用を続けることで経済的な価値が下がり、最終的には価値がなくなります。たとえば会社でエアコンを購入した場合、初月にすべての費用を計上するものではなく数年に分けて支払っていくようなイメージです。これを一般的には減価として会計期ごとに見積もり費用を事前に価値低下を把握して算出しています。したがって高額な経費を見込んでいる数年間の期間にわたり費用計上が可能なために実際に経費の支払いが生じていない場合でも会計帳簿の計算上では必要経費となり、収入に常にマイナスに作用することができるため長期間にわたって節税効果を期待できることになります。
しかしそのような節税効果があるといわれている不動産投資の最大のメリットは「損益通算」です。
そもそも知っていただきたいことは損益通算とは不動産投資だけじゃなく、株式投資やその他の資産運用しているすべての方に必須という制度になっています。
あくまでここでは不動産投資に関して説明させていただくと不動産による収益と会社員の本業の給与による収入がある場合には税務申告時にこの2つの収入に関する計算を合わせることが可能になります。たとえば、会社員で月給が30万円と不動産投資によって毎月10万円の赤字(上記の必要経費の減価償却費を活用)すると30万円マイナス10万円で20万円の収益になります。つまり本当は30万円の所得に税金がかかるはずが20万円分の税金で済むためお得になるというロジックです。
ここで疑問として不動産投資のマイナスが出るのになぜ投資するのかということがありますが、不動産投資の多くは基本的には最初のうちは不動産購入による高額な原価が計上され、管理費や広告費をかけて人を入居させ、ようやく家賃収入が発生します。また場合によっては設備投資など実際の支出が発生することもしばしばあります。したがってどうしても最初はマイナススタートとなるのが一般的です。税務申告上は赤字となることになり、不動産所得と給与所得を損益通算することによって節税効果が期待できます。つまり先述の減価償却費との組み合わせによる相乗効果により節税効果大といえるでしょう.

青色申告はお得?

840-C.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

不動産投資を行う場合ではきちんと税金を申告することとなっていますが、確定申告の方法には大きく分けて2種類あり1つ目は簡易帳簿で申告する白色申告と2つ目は正規簿記で帳簿をつけ申告する青色申告があります。ここでは青色申告のメリットをご説明しましょう。青色申告のメリットは大きく青色申告特別控除・青色専従者給与・赤字の繰り越しの3つです。青色申告特別控除とは半年を超えて不動産経営に従事させた場合、同一生計(家族、15歳以上)の方を対象に、給料を全て経費とすることができる制度となっています。
贈与税や相続税でも節税ができます。
賃貸不動産の敷地は基本的に貸家建付地とり、あくまで更地を相続する場合には相続税評価額が減額され、またある一定額まで無税で贈与できる相続時清算課税制度もあります。不動産の場合の贈与を無税または軽課税で可能になり、相続税発生時に贈与税は清算されます。したがって生前贈与特例をふまえた贈与税対策が可能になります。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ