資産運用利益と税金の密接な関係

資産運用で利益が出たときの税金

844-A.jpg

出典:UTWO(ユーツー)

資産運用を行って運用益に対する税金
低金利が長く続いた影響のせいか、貯蓄型資産運用と同時に株式投資などの攻撃的な投資型資産運用をセットで行う人が増加している印象があります。不動産投資に関する注目と高い人気が集まってきています。


一般的な収入と同じように資産運用の運用益には税金もかかります。それだけではなく資産運用の内容や種類によっても税率や種類が変わることがあります。しかし、状況により配当控除などの制度をきちんと有効活用できれば、支払うはずの税金を減らして得る収益を増やすことも可能になっています。


それではどのような資産運用をした場合、どのような税金がかかり、どのくらいの成立なのか、そして控除を受ける方法はどのようになっているのでしょうか?
あなたの資産運用で得た運用益と対する税金の関係を把握して、スマートに資産を増加させていきましょう。

預貯金などの利息を受け取ったときの税金

844-B.jpg

出典:UTWO(ユーツー)

資産運用と利子所得に対する税金のしくみ
一般的な金融機関で行う貯蓄型資産運用や公債や社債などの投資型資産運用で得ることができた収益および利子による分配金を税金がかかってくる対象の利子所得といいます。
利子所得とは基本手に「同運用信託の収益分配金、預貯金の利子、公社債の利子、合公社債投資信託の収益分配金」のことを言います。
利子所得額に地方税と所得税の合計税率をかけた金額が最初から税金(源泉分離課税)として差引かれて支払われていて、皆さんの手もとに入ってくるお金は源泉徴収となり、受け取った段階ですでに税金が引かれているため、注意してください。納税が完了しています。
最近ではNISAなど投資のハードルを下げる新しい制度があります。
NISAとは少額投資非課税制度のことを意味しており、これが開始されたことによってはスタートにより、新たな顧客獲得のチャンスが到来しています。税金がゼロになるNISAの節税メリットを最大限に生かすには、高配当をもらうことを目指しながら値上がり益を狙うう運用でなければ実感を感じることは難しいだろと考えます。具体的にはNISAは100万円までの株式投資について、売却益、配当金、投資信託の分配金などに5年間税金非課税になるというメリットがあります。そうして投資規模としてはあまり大きくないために100万円分のためちょっとチャレンジしてみようとする個人投資家の増加が見込まれています。


利子所得と非課税制度の使い
遺族年金や身体障害者手帳を受給している場合には、郵便貯金や公債、預金などのそれぞれの元本額合計が350万円までの利子は全て非課税となり、財形年金貯蓄財及び形住宅貯蓄などの種類の資産運用を行なっている場合は元本額合計550万円まで、利子は同様に非課税対象となります。


配当所得に関連する税金
投資先企業の業績によって株式投資を行っている場合には配当金が株主に対して生じる場合があり、投資信託や分配金などの配当金による所得のことを配当所得として、支払われ際に一定の水準で住民税及び所得税が先に源泉徴収されています。


また配当控除によって確定申告の場合は源泉徴収をされている金額の一部が返還されることもあります。


支払い時に配当所得は先に住民税や所得税のような税金がすでに源泉徴収されていることによって確定申告等の作業は一切不要というのが一般的です。
だが、確配当控除行っている中で確定申告を行なうと、一部に対して還付されたり税金控除が可能な場合があります。

税金と節税

844-C.jpg

出典:株式会社コアー建築工房

まず節税と納税をしっかり考えましょう。
※納税は国民の義務です。
また節税と税金をしっかりと考えることはリスクヘッジにもつながります。
リスクヘッジとは「危険を低減する・回避する」という意味であり、資産運用を行なう上で基本的な考え方といえます。資産運用を行なう我々のような投資家にとって、最大のリスクは資産を全て失ってしまうことです。リスクを回避・低減するためにはどうすれば良いでしょうか。要は全てを失ってしまう状況を無くすことであり、資産を分散する事です。こうすることによって資産運用が失敗しても分散した部分がなくなりはするが資産の全てを失うことは無くなります。このように、最悪の状況を想定し、対策をとることで最悪の状況そのものを作り出さずに回避することがリスクヘッジの基本となります。


不動産投資のメリットとして以下の3つが考えられます。
まず1つがに比較的、安定した収入があり、2つ目にはインフレに強いこと、3つ目には今回のテーマでもある節税効果を一緒におさえていきましょう。
特に重要なキーワードは不動産保有に対する減価償却費です。
「賃貸収入−経費=収益」という式で表せる不動産投資のモデルで経費のほとんどをしめているのが不動産保有に対する減価償却費です。ここでいう減価償却費とは固定資産(土地をのぞく)は、時間を経て使用を続けることで経済的な価値が下がり、最終的には価値がなくなります。たとえば会社でエアコンを購入した場合、初月にすべての費用を計上するものではなく数年に分けて支払っていくようなイメージです。


また投資用の口座は様々な金融商品を組み入れることができ、簡単に納税したりすることもできますし逆に戻ってくる分もわかるためその口座に還付したりも可能になります。
税金に対してしっかり考え、ちゃんと知っておきたいお年頃になってきた筆者です。自分自身の人生設計に節税・税金対策をふまえた資産運用が大切です。節税・税金対策ははたしてどんな効果を起こすのかをきちんと把握して今後の資産運用に役立てましょう。そして様々な制度を有効に使用していくことで資産運用を効率化していくことができます!

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ