副収入で人気がある資産運用

株や不動産などの資産運用が人気

845-A.jpg

出典:ザ・チェンジ

アベノミクスで企業の業績が伸びたというニューズが最近多いが、筆者の給料はそこまで上がっていないようです、そんな悩みを抱えながら時期に考えてみたくなるのが副収入です。近年では様々な種類の副収入を得る人が多いとネットで盛んに叫ばれています。


副収入の内容で最も多いのが、「資産運用(株式投資・不動産投資)」です。定期預金などの貯蓄型資産運用の金利は上限があり、様々な金融商品を購入し、資産運用している状況は今ではおどろくことではなく一般的なレベルの出来事になっています。富裕層がするものという認識は古く、今では若いビジネスパーソンの資産運用に対する意欲も非常に高まっています。昼休みにどんな資産運用をしているかという会話がされていることも珍しくありません。勉強を兼ねた形で最近ではミニ株やFXにチャレンジする人も増えてきています。年収が少なく、今までは資産運用を考えたことがなかったような人でも簡単に始めることができるようなローリスクながらリターンが期待できる外貨預金や投資信託など投資商品の資産運用のバラエティも着実に広がっています。株式投資では値上がり確実とは言えませんが、会社への信頼度などはわかりやすく、この点で投資しやすいというメリットとなります。また株主優待やバラエティに富んだメリットもあり、近年では株主優待で生活する有名人も出ています。主婦などにも食品関連銘柄など人気が出たりしていて、デメリットとしては、元本が保証されていないところにあります。


株式や投資信託も今はスマホでその場で簡単にそして気軽に取引が可能な時代であり、こうしたインターネットを利用した投資環境の拡充が、近年の個人による資産運用開始のハードルをさらに低くしていることも要因としてあるでしょう。

投資に挑戦することの影響

845-B.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

投資を行うことで様々な経済的な知識を得ることができるという利点も見逃せないポイントの1つであるとおもいます。ビジネスパーソンであるなら、経済活動しているわけで、その知識を背景に株や不動産に投資するのは理にかなった行動であるでしょう。高学歴会社員ならではのインテリ的かつ大胆な予測で資産運用に成功する場合もあると思います。ビジネスパーソンの副収入として、投資や資産運用は、これからもますます比率を高めていくと思われます。
システムエンジニアが、ネット上の副収入で資産運用の次に多いのことはネットオークションやアフィリエイトなどネットを活用した小遣い稼ぎです。オークションサイトは活況で、自動入札などのサービスも日々充実していたり、ネット詐欺に対する防衛システムもあります。自分のブログでアフィリエイト収入を得るようになることも難しくなくなってきた時代で、近年ではコンピュータやインターネットを使用して仕事をするクラウドソーシングが流行ってきていたりもしています。そんな中でも根強い人気の株式投資やECショップで年100万円も夢じゃない時代が来ています。
副収入で最も人気のある資産運用がしっかりと定期収入につながっている人が大勢いようです。FXを資産運用の手法としてやっている人が比較的目立つのは、最近の簡単にオンラインで始められる気軽さが呼び個人向け投資商品の人気を表しているのでしょう。
また、ビジネスパーソンに多いことは仕事が忙しく本業があるため細かく売買するような時間の使い方はできないので、運用はプロに任せる投資信託も人気です。また、住宅ローンの借り入れ基準が下がってきていることもあり、不動産投資にチャレンジする会社員も多くなってきています。
副収入で人気の理由で資産運用を通して、様々な勉強ができたということがすごく多いです。
たとえば貯蓄型資産投資では、子供ができたときの貯金は定期貯金という基本的なことだけではなく、外貨建てにして様々なリスクに対応することや、海外旅行が多いので海外バンクの口座を併用して為替にも対応しているとのことです。

投資型資産運用で得する

845-C.jpg

出典:UTWO(ユーツー)

不動産投資では、生命保険に入っていたが不動産に紐づく保険に変えたことで保険料が安くなったという声や、不動産をもつことで節税対策になり、年間で数万円お得になったという人もいました。
また、リスクヘッジの考え方が仕事に活きたというつわものもいました。
リスクヘッジとは「危険を低減する・回避する」という意味であり、資産運用を行なう上で基本的な考え方といえます。資産運用を行なう我々のような投資家にとって、最大のリスクは資産を全て失ってしまうことです。リスクを回避・低減するためにはどうすれば良いでしょうか。要は全てを失ってしまう状況を無くすことであり、資産を分散する事です。こうすることによって資産運用が失敗しても分散した部分がなくなりはするが資産の全てを失うことは無くなります。このように、最悪の状況を想定し、対策をとることで最悪の状況そのものを作り出さずに回避することがリスクヘッジの基本となります。


副収入で資産運用に人気がある理由には意外にも、「勉強になる」や「仕事につかえる」などのポジティブ要因や株主優待などの日本特有のメリットが好評の要因でした。
ちなみに筆者が資産運用に興味が出た要因は、休み時間中に同僚に誘われたことが原因でした。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ