サラリーマンの副収入!不動産投資で儲かるには

■不動産投資で副収入得る

811-A.jpg

出典:ザ・チェンジ

アベノミクス政策により日本の経済は回復しているように見えても、なかな給料がアップしないのがサラリーマン。
「こんなに活気付いてきているのにうちの会社は人件費をケチっている」と愚痴をこぼすこともあるでしょう。
しかしそもそも企業とは企業の利益を最優先に考えるものなので、ちょっと景気が良くなったからといって給料がアップすることは難しいのが現実です。
もし現状よりも上の収入を目指すならば、リスクを背負って企業をするか投資をするかしか選択肢はないでしょう。
「でも株式投資やFXはリスクが大きすぎてこわい」と思って投資に手を出せないでいる人も多いですが、そんな人におすすめなのが不動産投資です。

FXなんかはレバレッジをかけることができるので小額で大きな取引を行うことが出来ますが、不動産投資にはある程度まとまった資金が必要です。
しかし株式投資やFXに比べると圧倒的に低リスクで投資をすることができ、長期的視点で資産運用をすることに適しています。
そのため毎月安定収入得て少しでも生活にゆとりを持たせたり、老後の私的年金の捻出として現時人気を集めています。

不動産投資には「不動産現物投資」と「不動産投資信託」と呼ばれる2つの投資方法があります。
「不動産現物」投資とは物件を投資対象として購入し、毎月家賃収入を得る投資方法です。
新築や中古のマンション、アパート、駐車場、ビルの一棟会買いなど購入対象は様々ですが、一般的に500万~5,000万円の投資額が必要となります。
「不動産投資信託」は物件ほ保有している不動産会社に投資をして、その分配金で収益を得る投資方法となります。
ちはみに分配金は一般的に年2回となり、投資額は会社によりますが最低で一口20万円~購入することが可能です。
この「不動産投資信託」は小額から投資ができるとうことでサラリーマンの副業としても人気を集めており、今後さらにニーズが増大される見通しです。

■利回りの高い不動産投資をして副収入もアップ

811-B.jpg

出典:株式会社i・e・sリビング倶楽部

不動産投資をする上で大切になるのが物件に対する利回りですが、これは購入する物件や地域によってかなり大きな差が出ます。
都内では平均利回り10%を切り、地方では平均12%~15%と高い水準を保っています。
しかしこれらの値はあくまで表面利回りと呼ばれる最低限の目安であり、着目すべきは想定利回りと実質利回りです。

想定利回りは想定する年収から想定する必要経費を差し引いて計上されるものであり、表面利回りよりも実質に近い利回りを確認することが出来ます。
実質利回りは実際の収入から実際の必要経費を差し引き計上し、実際の利回りを割り出したものです。
不動産投資ではこの想定利回りと実質利回りが高ければ高いほど、多くの収益を見込める物件となっています。
ただ地方の物件となるといくら想定利回りや実質利回りが高くても、空室率が高ければ居住者がなかなか見つからずに常に赤字計上なんてことにもなりかねないので注意が必要です。

表面利回りばかりに目がいき想定利回りや実質利回りに目がいかないと、実際の利回りが5%にも届かないなんて物件もざらにあるので慎重に見極めましょう。

■不動産投資のさらなる副収入、自動販売機設置

811-C.jpg

出典:セルコホーム

マンションやアパートを保有している人の中で、物件の敷地内に自動販売機を設置している人が多くいますが。
なぜこぞって自動販売機を設置しているのか?
それは自動販売機自体からの収入を得ることも考えられていますが、1番は物件の価値が上がるとういことでしょう。
不動産で部屋を探すときに「自動販売機が設置されている物件」を中心に部屋探しをする人はいませんが、自動販売機が設置されていれば便利なことには間違いありません。
そのためもしまったく同じ条件の物件があるとすれば、自動販売機が設置されている物件の方がより高い利便性を感じることができます。
そのため自動販売機自体からの収益が望めなくても、物件自体の価値が上がり入居者が決まりやすいというメリットがあるのです。

「自動販売機は電気代を喰うだけ」と考えて導入しないオーナーもいますが、実際自動販売機1台が月間で消費する電気代は1,000~2,000円です。
思ったよりも少ない額ですよね。
これだけ物件自体の価値を上げて結果利回りを上げることができるのならば、さらに安定した副収入を得ることが出来ます。
最近では「こんなところにまで!?」というようなスペースに設置できてしまうスタイリッシュな自動販売機が増えているので、物件を購入した際は合わせて確認しておきたい投資方法といえます。

低金利が続き物件の価値が上昇している現在において、不動産投資は今後さらに注目を集める投資方法といえます。
生活のさらなるゆとりのために、老後の年金資産運用のために始めてみてはいかがでしょうか。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ