節税対策として有効な不動産投資

所得税や住民税の節税になる

906-A.jpg

出典:ZUU online

不動産投資が節税をするためにも有効だということを知っていましたか。節税としてどのようなメリットがあるのかということについてご紹介していきます。まず、不動産投資では確定申告をすることによって所得税の還付を受けられるといったメリットがあります。賃貸収入から必要経費を差し引いた差額が賃貸収入を上回れば税部上赤字となり、赤字になった部分を給与所得から差し引く損益通算をすることが可能になります。これによって所得合計が少なくなり、確定申告をすることによって所得税の還付が受けられます。更に、確定申告をすれば、所得税だけでなく住民税も節税することができます。所得税の節税がなぜ住民税の節税にまでなるのかというと、住民税は所得税の納税額を元にして算出されるものであるからです。つまり、確定申告をして損益通算をすることによって所得の部分が小さくなれば、それを元に計算される住民税も小さい金額にすることができるのです。特に会社員の方は確定申告は自分でするといった経験があまりないために確定申告をするのは面倒だと考えているかもしれあせんが、確定申告さえきちんとすれば節税対策にもなって自分の手元にしっかりお金が残ることになるのできちんとするべきです。不動産投資はこのような節税対策にもとても有効なので、難しい内容ではありますが不動産投資を始めようと思ったら、税のことについてもきちんと学んで知識を身につけると後で必ず役に立つでしょう。

不動産投資は相続税対策として有効

906-B.jpg

出典:株式会社コアー建築工房

不動産投資は相続税対策にもなります。どういった点が相続税対策になるのかというと、相続税は財産を相続する時にかかる税金なのですが、この時にかかる税金の金額はその評価額により結果的に大きく異なるのです。不動産の評価額は現金よりも低く評価されるために、相続税を少なくすることができます。現金で相続したくても、相続した時に大きな金額を相続税として持っていかれてしまうと思ったよりも低い金額しか贈与することができないのでそれは少しもったいないことだと言えます。不動産投資をして相続税対策をしておけば現金で贈与するよりも大きな金額を贈与することができるので、こちらの方が得になります。相続税の計算式は、相続税額=(全ての財産額―基礎控除額)×相続税率になります。基礎控除額が大きければ大きいほど課税される金額も少なくなります。不動産投資は固定資産台帳や路線価などから算出した評価から課税されます。これに対し、現金などは時価に対して課税対象となっています。だからこそ、不動産投資は相続税対策として有効だと言えるのです。相続税対策にはなりますが、相続するのは現金の方が嬉しいということももちろんあるでしょう。相続してからその不動産を売却して現金にかえるということもできますが、すぐに不動産が相続できるかもわからず、その不動産を売った時の価値が下がってしまっていることも考えられます。確かに不動産で相続すれば相続税対策としては有効なのですが、絶対に不動産で相続した方が良いとは限らないことも十分に考えられるので、不動産を相続させようと考えている方はどのような形で相続させるべきか、資産を贈与しようと思っている人に確認してみるのも良いでしょう。不動産投資をしていて不動産で相続するのは相続税対策にもなり入居者からの賃料が収入として毎月入ってくるので、長い目で見ればこちらの方が現金よりもかなりお得だということがわかります。

消費税も節税できる

906-C.jpg

出典:三井ホーム株式会社

不動産投資が消費税の節税対策になることをご存知でしたか。消費税は消費者が買い物をした時に企業が預かり、必要経費を支払う時に支払った消費税との差額を国に納めることになっています。それに対し、従業員の給与など社内のことに関しては消費税はかかりません。つまり、不動産投資は外注費として処理をした方が節税対策になると言えるのです。なぜ外注費として処理をすれば節税になるかというと、不動産投資の必要経費を給与ではなく外注として扱えば、支払った消費税=税金が増えて節税対策になるからです。不動産投資さえすれば節税対策になるものもありますが、消費税の節税のように知っておかなければ節税対策にならずもったいないものもあるので、不動産投資をする際には節税についてもきちんと意識をして知識を身につけてください。このように、不動産投資では色々な方法で節税をすることができます。中には現金で持っているよりも不動産で持っていた方が絶対に良いものもあるので、不動産投資に少しでも興味がある方は、思い切って不動産投資を始めてみることをおすすめします。税金はかなり高く、節税対策をきちんとしておかなければそれだけ損をしてしまう金額も高くなってしまいます。持っている金額が大きければ大きいほど税金として持っていかれてしまう金額が高くなることも多いので、是非そういった知識も身につけて、それを活かして自分の資産を増やしていけるようにするのが良いでしょう。不動産投資には投資をしながら節税対策ができる魅力があります。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ