副収入としておすすめの投資信託

投資信託の仕組みを知ろう

928-A.jpg

出典:株式会社フルキスペースデザイン

副業として株式投資を検討している場合、自分自身でいきなり株式を始めるのではなく、専門家に委託するという方法もあります。株に関する知識や経験はすぐには身につきません。株式投資に関するセミナーや本は沢山ありますが、これらの知識を習得するだけの時間とお金は限られているのが実情だと思います。専門家に任せる金融商品のことを投資信託(ファンド)といいます。多くの投資家から集めたお金をプールして、それを投資信託委託会社のファンドマネージャーなどと呼ばれる投資の専門家に運用を任せるのです。彼らは売買のタイミングや、銘柄の選び方のエキスパートなのです。運用はリスクを減らすために、分散投資が行われます。過去の運用実績などの情報はありますが、決して将来の利回りや元金の保証はされていません。比較的ローリスク、ローリターンな金融商品ですが、銀行の預金とは異なることをしっかり抑えておきましょう。みなさんの投資信託は銀行や証券会社が窓口になっています。ここで集められたお金は投資信託委託会社と経由して、信託銀行が実際の株式や債権、不動産投資などの運用を行います。そして、その収益は逆のルートで投資家に、分配金または償還金として、戻ってくるのです。この投資信託は、分散投資の他に、少額から始められるメリットがあります。通常の投資信託は10,000円から購入ができます。ネット証券などでは、より安い商品も出ています。通常、株式投資といえば、まとまった資金をイメージしますが、投資信託であれば、毎月の給料から少しずつ投資ができるのです。

投資信託の種類は非常に多い

928-B.jpg

出典:ZUU online

人気の投資信託ですが、その種類はとても多く、対象となる分野も非常に広いのです。ここでは大枠だけを説明しますので、詳細については個々の投資信託プランを確認してください。大きく分けて、「公社債投資信託」と「株式投資信託」にわかれます。公社債投資信託とは、国債や社債の金利目的の金融商品に限られた投資です。一方、株式投資信託は、公社債と株式の双方に投資ができます。結果的に公社債投資信託の方がローリスク・ローリターンとなります。この2種類の投資信託はそれぞれ「単位型」(ユニット型)と「追加型」(オープン型)に分かれます。追加型というのは、最初の募集期間だけ購入ができます。追加型というのは、いつもで購入可能です。つまり、ここで4つの型があることを理解しておきましょう。 投資信託は投資の分類別にも分けることができます。「株式中心型」、「公社債中心型」そして「バランス型」です。リスクの順番は①「株式中心型」、②「バランス型」、③ 「公社債中心型」となります。分散投資される場合は、値動きが異なる対象に投資されるので、リスクの分散効果が望めます。 そして、最後の投資の対象国や地域による分類です。いろいろな種類があり、例えば「日本型」、「海外型」、日本と海外を両方含めた「グローバル型」などがあります。また、成長が著しい「アジア型」などを選ぶことができるのです。成長性が高い反面、政情不安でカントリーリスクも高い場合もあるので、よく考えて投資をしましょう。時々、ほとんど聞いたことがない国に限定した高利回りを謳うファンドを見かけることもあります。なお、ここで謳われている高利回りは過去の実績であって、あなたの利益を保証するものではありません。仮にノーリターンになった場合もそれはすべて自己責任です。 その他、業界を限定した商品も出ています。「医療・医薬品」関連や「IT関連」などと、特定の業界を絞った投資も出来ます。また利益配分の違いなどもあります。とにかく種類種類が沢山あるので、あなたにあったプランもきっと見つかるでしょう。

投資信託の納税について知っておくべき知識

928-C.jpg

出典:Sudden Full

株式投資から得られる利益は雑収入に分類されて、20.315%の税金がかかります。この内訳は20%の内15%が所得税、5%が住民税で、0.315%が東日本大震災への復興特別所得税です。投資信託の場合は、2つの利益(譲渡益と分配金)があります。譲渡益とは換金する際に発生する利益のことです。年収2000万円までで、年間の譲渡益が20万円以下の人には非課税です。投資信託を取り扱う証券会社に「源泉徴収ありの特定口座」を指定すると、面倒な納税と年間取引報告書の作成を代行してくれます。源泉徴収されるので、確定申告は必要ありません。分配金は「配当・利子収入」と「売買益」 からなりますが、投資信託の種類次第では支払われない場合もあります。あとから後悔しないように、事前に投資信託の説明書や契約書にはしっかり目を通しておきましょう。なお、公社債投資信託の利益は「利子所得」に、株式投資信託の利益は「配当所得」に分類されます。利子所得には配当控除が受けられます。利子は企業利益から支払われるもので、企業は既に利益から納税をしています。つまり、これは企業と株主の双方からの、二重課税を防ぐための仕組みなのです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ