将来を見据えた資産運用、投資をはじめてみませんか?

目的別の投資でかしこく資産運用

932-A.jpg

出典:株式会社フルキスペースデザイン

1人あたり3000万から1億とも言われる、「ゆとりのある老後」を過ごすための資金。銀行金利も低迷する昨今、預貯金で資産を貯めているだけでは不安が残る時代です。ここはひとつ積極的な投資を行い、将来の資産を形成したいと考えるかたも多いのではないでしょうか。しかし、いざ投資をしようと考えた場合、そののための自己資金が不足しているケースもあり、そんな場合には突然大きな資産を作り出すのは難しいものです。例ここでは、投資者のライフスタイルや目的別に合わせた投資方法を解説していきます。投資とは資産運用を行うと同時に、世界情勢、経済情勢、により造詣が深くなるという「知的好奇心を探求できる側面」もあります。金銭的なメリット以外にも得られるものが多く、現役世代の今からこそ始めたいものです。投資方法によってハイリスク・ハイリターンな商品、ミドルリスク・ミドルリターンな商品、様々です。それぞれの特徴を考慮し、より良い投資を行い資産運用にお役立て下さい。

資金別に選ぶ投資方法

932-B.jpg

出典:StudyHacker

資産運用をスタートするときに、大きなポイントになるところが資金面です。ここでは資金別に選ぶ投資方法を解説します。少額から運用したい方にオススメ投資信託どの商品に投資を行うか迷ってしまう、そんなときにも投資のプロが運用してくれる投資信託ならば、比較的初心者にも導入がスムーズに進められます。FX(外国為替証拠金取引)異なる通過を証拠金の数倍から数十倍のレバレッジをかけて少ない自己資金から大きな取引をすることが可能な投資方法です。場合によっては追加証拠金(追証)が発生するリスクがあります。REIT(不動産投資信託)自己資金が多く必要な不動産投資を証券化することにより、少額からの投資を可能にした金融商品です。これにより、個人では難しい都心の商業ビルへの投資や複数物件への投資が可能になりました。ミニ株株式には取引単位というものがあり、実際の価格が1万円の株式でも100株が購入単位の場合は100万円が資金として必要になります。ミニ株の場合はこの売買単位を10分の1にすることで、より手軽に株を楽しむことが可能になったのです。債券特定の団体が一般から広く資金を集めることを目的に発行されるものです。有名なものでは日本国債などが挙げられます。株式と目的が似ていますが、満期と利率が決められているところが債券のポイントです。また、途中で売却し売却益を得ることも可能です。ETF(上場投資信託)投資信託を証券取引場でも株式のように取引可能にした金融用品です。特徴としては売りからのスタートが可能というところです。TOPIXや日経平均株価などの指数に連動するように運用が行われています。CFD(差金決済取引)取引の際に発生する「利益や損失などの差額の部分だけを決済する」取引です。実際に商品の受け渡しは行われず、取引上の利益、損失の取引が行われます。レバレッジをかけて大きな金額を取引することにより少額の自己資金からスタートすることが可能な投資方法です。FXと似ていますが為替以外の商品を取り扱っているところが特徴です。大きく運用したいかたにオススメ現物不動産投資実際の物件(アパート・マンション)を購入し、運用する投資方法です。ある程度まとまった自己資金が必要ではありますが、銀行からの融資を受けることも可能なため運用と返済を同時に行うことが可能な投資方法です。安定的な家賃収入と物件売却益が見込めます。株式株式といえばメジャーな投資ですが、株式会社が発行する株券は「会社に対する投資する」という意味を持つ金融商品です。収益としては配当金のほかに株価が変動した際の売却益、ほかに各種株主優待などが期待できます。

資産運用におけるリスクとリターン、どのように運用するべきか?

932-C.jpg

出典:不動産ONLINE

投資をおこなう場合にある程度のリスクは付き物ですが、その方法によりミドルリスクな運用方法とハイリスクな運用方法が存在します。もちろん、前者ではその分ミドルリターンな収益となる場合が多く、後者ではハイリターンが期待できるということなのです。正しい知識を理解すると共に、もう1つオススメしたいポイントがあります。まずは自身の「資産運用に使用するための金額」を、明確に決定することをオススメします。これにより万が一の場合も行き過ぎた投資を行ってしまうことが防げるのです。その中で自身の方向性を定め、さらに分散投資を行うことでリスクを最小限に防ぐことにつながるでしょう。資産運用はこれからの時代、無くてはならないライフスキルです。今からでもまだ遅くはありません。より確かな将来のために、数ある投資方法の中から自身に合う方法を選んで資産運用に活用して下さい。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ