安定性が魅力の不動産投資で資産運用をはじめよう

将来への不安は「資産運用」で補う

934-A.jpg

出典:株式会社フルキスペースデザイン

現役をリタイアした後の生活を想定したとき、その収入源は預貯金と退職金、公的年金の3つが主な収入源として考えられます。しかし、現在の景気低迷による不安からリスクヘッジとして資産運用を考える方も多いのではないでしょうか。将来を見据え比較的「安定性の強い資産運用を行いたい」と、考えたときに選択肢の1つとして挙げられるものが「不動産への投資」です。不動産投資では、安定的・継続的に受け取ることのできる収益「インカムゲイン」と、保有している資産の値段が変動することによって得られる収益「キャピタルゲイン」の2種類の方法により利益を得ることができます。不動産投資の魅力は株式など他の投資方法と比べた場合、価値の変化が緩やかで資産価値の下落に対するリスクを抑えられるところにあります。不動産で得る家賃収入は毎月発生する継続性と、株式の配当金よりも大きなリターンが見込めることから「安定した副収入を得る」ことを考えた場合、非常に魅力的です。また、他の投資方法との大きな違いは自身で物件を管理することが可能なため、積極的な事業運用としての側面があり資産運用に強やりがいを感じることが可能だということです。そして大きなポイントとして、現在は不動産を担保に金融機関から融資を受けることが可能なため、資金調達のハードルが下がっています。そのため、本業を継続しながら不動産へ投資を行うことも可能です。物件の運用状態によっては、家賃収入から借入金の返済を行っても収益がある場合もあります。こうして返済と運用が同時に行えることは、自己住宅用を取得する場合にローンだけを支払うのとは違う魅力があります。それでは大切な資産となるに不動産に投資を考える場合に、知っておくべきポイントを解説いたします。

知っておきたい不動産資産運用のメリット・デメリット

934-B.jpg

出典:三井ホーム株式会社

不動産資産運用のメリット不動産への投資では、株式や為替にはない利点が多く存在します。ここでは不動産で資産運用を行う際の大きなメリットをまとめました。継続的な収入入居者が入っている間は一定の収入があります。年金的な資産運用と捉える側面もあります。滞納リスクの少ない入居者を確保できれば、より安定した収益が期待できます。節税効果賃貸経営を行うため諸経費の計上が可能です。これにより所得税の節約になります。本業としての給与所得がある場合、給与と通算して計上することが可能なので、所得税や住民税の節約になります。また、相続税対策としても不動産への資産運用は有効です。これは、相続税路線価で資産価格を評価されるためです。時価の80%と言われる路線価による評価は、将来相続が発生した際にはを低く抑えることができます。変動リスクの低減株や為替に比べ、賃料収入は変動が少ないため比較的安定した資産運用と言えます。ローリスクローリターンで継続的な収益を期待できます。ミドルリスク・ミドルリターン不動産資産運用のデメリットある程度まとまった金額の資産運用をすることになる不動産投資、比較的安定性のある投資方法と言えますがデメリットが無いということではありません。より確実な資産運用を行うために知っておきたいポイントをまとめました。空室発生のリスク入居者が入らないと賃料収入がストップします。借り入れを行い資産運用している場合、投資家にとって空室による負荷は見逃せません。入居条件の緩和や付加価値(ペット・楽器可)を付けることでリスクの低減が可能です。自然災害のリスク地震や火災、台風などで、建物自体が損壊してしまうリスクがあります。物件を選ぶ際は耐震性・防火性の高さなど建物の構造を気にかけたいところです。また、保険への加入も備えたいポイントです。価格下落のリスク地価の下落により、物件価格そのものが下がり売却益が下がる可能性があります。また、物件老化による賃料収入の低下も考慮する必要があるでしょう。十分なエリアの選定や市場ニーズの調査、こまめな物件メンテナンスによりリスクを低減したいところです。

目的にあった投資方法で効率的な資産運用を

934-C.jpg

出典:ParempiBisnes

不動産投資は、現物の不動産に投資する方法だけでなく、小口化不動産や証券化不動産に投資する方法もあります。目的と自己資金に合わせた資産運用が可能です。現物不動産投資物件を購入し、賃料収入や売却益を得る投資方法です。不動産投資と言うと主にこちらを指すことが多いです。アパートやマンションなどの経営がこれにあたります。小口化投資共有持分権を複数の投資家で持ち、投資額を少額にして不動産投資を行う方法です。不動産会社などが不動産物件を購入し、賃貸収入を投資家に分配します。これにより、少額から資産運用を始めることが可能です。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ