おすすめは資産運用、今日からあなたも副業生活

不景気な今だからこそおすすめしたい、積極的な資産運用

935-A.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

給与の昇給や賞与の安定性も見込めない昨今の不況の影響、いつ何があっても良いように収入源は増やしておきたいところです。しかし、本業で副業を禁止されている会社員の方なども多いはずです。今回は「投資」を行い資産を運用する方法を考えて行きます。現在、自己資産を十分お持ちの方であっても、銀行の普通預金の金利は高いとは言えない状態です。ミドルリスク・ミドルリターンな資産管理方法と言えます。投資はその方法によっては年に数%〜数十%の運用益が期待できます。もちろんそれぞれにメリット・デメリットが存在するため、よく理解した上で投資を行うことが大切です。しかし、上手に付き合っていけば資産運用の心強いパートナーとなってくれるものが投資という存在です。ただ、はじめて投資を始めるかたにとって、「おすすめの投資方法」というものは大変気になるポイントかと思います。それでは次にタイプ別におすすめの投資方法を紹介してきます。

おすすめの投資先は?タイプ別で選ぶ資産運用

935-B.jpg

出典:ISTOÉ DINHEIRO

金融市場に商品は多数存在し、これから投資をスタートしようと考えている方は迷ってしまうことでしょう。各商品のポイントを押さえて効率的な投資を目指して下さい。こまめに運用益を確定させたいタイプの方まずは投資というものを試してみたい、スキマ時間に投資を行いたい、そんな方には「こまめな利益の確定」がなされる投資方法がおすすめです。目に見える運用益はやりがいにもつながり、後の投資モチベーションにもつながるでしょう。FX(外国為替証拠金取引)少ない自己資金から大きな取引をすることが可能な投資方法です。異なる通貨を、証拠金の数倍から数十倍のレバレッジをかけて取引します。投資信託(毎月分配型)実際の運用はプロが行う投資信託、分配金をこまめに受け取りたいという方には毎月分配型がおすすめです。REIT実際の不動産へ投資するためには多くの自己資金が必要になりますが、不動産投資を証券化して多数の投資家から資金を募っている金融商品です。これにより、少額からの投資が可能になりました。中〜長期での運用を行いたい方投資をするからにはゆっくりと時間をかけて考えていきたいと考える方や、ある程度の自己資金を保有している方には中〜長期での運用がおすすめです。長い目で見るからこそのメリットがそこには存在するでしょう。株式株式会社が発行し、株券を所有すると株主となります。まさに「その会社に対する投資をする」意味合いが強い金融商品です。株価の変動での収益のほか、株主優待などの利益も期待できます。債券国や地方自治体、特定の団体などが資金を集める目的で発行されます。株式と目的が似ていますが、「満期と利率」が決められています。途中で売却することも可能です。投信積立プロに運用を任せながら、毎月決まった額を積み立てます。中〜長期的な展望を視野に入れての運用が可能な点とリスクの低減につながります。不動産現物投資アパート・マンションなど物件そのものを購入し、運用する投資方法です。現在は銀行からの融資を受け、返済しながら資産運用を行うことも可能な投資方法です。家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)が見込めます。 株式 株式といえばメジャーな投資ですが、株式会社が発行する株券は「会社に対する投資する」という意味を持つ金融商品です。収益としては配当金のほかに株価が変動した際の売却益、ほかに各種株主優待などが期待できます。

年利数%の違いも、預貯金から資産運用に切りかえるという選択

935-C.jpg

出典:不動産ONLINE

将来に備えての貯蓄を行っている方も、その金利の低さには不満を感じることがあるはずです。そんな時にすでに所有している自己資産の一部を預貯金から投資に資産運用の一部を切りかえることは十分なメリットがあると言えます。先ほど解説した通り、投資には様々なスタート方法があります。運用に回したい資金の額によってもどの金融商品を選択するかはある程度決まってくるため、まずは投資を試したいという場合にもおすすめできる方法です。また、すでにある程度の自己資産がある方にとっては、分散投資へのハードルも下がりやすいというメリット、不動産投資など規模が大きい資産運用を行うことも可能ということがポイントです。投資というものへの抵抗を感じている方もミドルリスク・ミドルリターンな投資手法ならば比較的スタートするためのハードルが下がるのではないでしょうか。現在は金融機関から融資を受けながら不動産投資を行うことも可能になり、家賃収入である収益を返済にあてることも可能です。もちろん、空室を出さない工夫は必要になりますが、これにより収益面での期待と資産としての価値両方のメリットが生み出されるのです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ