ファンドで資産運用する場合は複雑な仕組みに惑わされない

ファンドの役割とは

949-A.jpg

出典:株式会社フルキスペースデザイン

新聞や経済雑誌などを読めば必ずといっていいほど「ファンド」という名称が出てくるでしょう。今回はファンドと資産運用の関係を見ていきたいと思います。まず、ファンドとは一言で言えば「資産運用、投資の専門家集団」を意味しており私たち投資家は一口いくらという形でファンドに投資します。その集められた資金をもとにファンドは収益を上げるために様々な投資を行います。メリットとしては大きな資金が動くため個人では全くできない規模の投資が可能となり、投資手法の選択の規模が大きくなります。また、国内のファンドにおいても積極的に海外への投資をする銘柄もあり、比較的短期間で高い利回りを実現しています。逆に、手堅い商品を運用しており利回りは低いが長年実績が安定している銘柄もあるでしょう。ファンドはそれぞれの投資家が望む、細かいリクエストに対応できる投資方法であると言えるでしょう。

ファンドの種類が多すぎるので安易に投資しない

949-B.jpg

出典:三井ホーム株式会社

ただし、ファンドに投資しようとしても国内だけでも約5000銘柄あります。もし、海外のファンドに投資しようとすれば、数え切れない位の銘柄になるでしょう。ここでは、ファンドの選び方のおおまかな基準を中心に考えていきたいと思います。まず、ファンドには大まかな戦略の違いがありますので、タイプ別に見ていきましょう。ファンドが扱う金融商品は、株式と債券です。ご存じの通り、株式や債券の種類は数多くありますがファンドの運用タイプは大きく2つに分類されますのでご紹介します。1つめが、インデックス型と呼ばれるタイプです。このタイプは、ベンチマーク(ファンドの運用目標指標)をTOPIX(東証株価指数)や日経平均株価に置き、それらの動きに連動する事が目標とされるタイプです。メリットとしては長期的に見たらアクティブ型(後述します)と比較すると運用成績が良くなる傾向にあると言えるでしょう。市場が活発な時期はアクティブ型が有利になる事も多いですが、長期的にはインデックス型が安定して収益を上げる要素が強い傾向です。ただし、収益率としては注目をされるほどの結果は出にくいですので、過度の期待は禁物でしょう。また、インデックス型はファンドからすればどちらかと言えば機械的な動きをしますので、コストがかかりにくく取引手数料が安いというメリットもあります。2つめが、アクティブ型と呼ばれるタイプです。こちらは、ベンチマークよりも高いラインで運用することが目的です。市場の平均値をどれだけ超える為に積極的に運用を行います。メリットとしては収益率が高くなる可能性があります。ただし、ファンドやファンドマネージャーの手腕が運用に関わってきますので、結果にバラツキもでる場合もあり、ファンドに支払う手数料も高くなります。これらが、ファンドが投資信託を運営するタイプの違いですが、具体例をお伝えすればよりわかりやくなると思いますので、ファンドに投資するイメージを深めて下さい。インデックス型は市場の動きに連動しますので、ハイリターンではなく安定性を求めます。債券や国内安定株式を中心にファンドは資金を運用します。確実性、安定性を重視しますのでローリスク、ローリターンの運用を鉄則とするでしょう。次に、アクティブ型ですが海外株式、海外不動産投資信託、国内の上昇率の高い投資信託や不動産投資信託に積極的に運用するでしょう。収益率の高さを目標とするので、組み合わせている金融商品の一部が損失を出しても問題は少ないでしょうが、多くの商品が損失を出した場合に収益が出ないケースがあるでしょう。まとめると、安定を求めるタイプと収益を求めるタイプがありまずは自分がどちらを望むかを検討すべきでしょう。

注意する2つのポイントである分配金とコスト

949-C.jpg

出典:麻布十番守成クラブ

ファンドを利用する場合に注意する要素は多くありますが、ここでは代表的な2つをお伝えします。まずは分配金についてです。近年は毎月分配金が支払われるタイプが人気です。投資信託を始めようと思うの多くがこのタイプを選びますが、分配を受ければ税金を課税されてしまいますが、運用に預けたままなら課税されません。つまり、毎月分配を受ければ税金が発生して収益が悪くなるのです。また、ファンドも預かった資金の一部を戻すことになるので効率性が悪くなるでしょう。最後に、ファンドに預けているお金は資産運用と言えますが、分配金として受け取ったお金は手元にあっても何も生みませんので、資産運用とは無縁のお金となります。このように見ると、分配金という言葉は魅力的ですが収益率から見ると内容を把握して決める方が得策でしょう。次にコストについてです。ファンドに払う手数料はいくつかありますが、ここでは購入手数料と信託報酬について見ていきます。まず、購入手数料は購入の際に1度だけ支払います。銘柄によって異なり、2~3%が多いようです。最近は、この手数料が無料の銘柄もあります。投資額が100万円としたら2~3万支払う金額は安くはありません。もう1つの信託報酬ですが、こちらが要注意です。なぜなら、毎年何%という形で表現され、毎日少しずつ払っています。金額が数字ではなく%ですので認知が難しい項目です。さらに、基準価格は信託報酬を引いた数字になっています。ファンドを利用する投資の大部分は収益率が高いわけではありません。分配金やコストが自分自身の資産に与えるマイナス分を把握しましょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ