長期投資や持たざるリスクを安易に考えて資産運用をしない

長期投資は心地よい響き

950-A.jpg

出典:株式会社フルキスペースデザイン

長期投資と聞くと、「安定している」「リスクが少ない」「保有するだけで資産運用ができる」といった認識をしている方が多いのではないでしょうか。長期投資の真実を見ていきたいと思います。たしかに、1990年年代前後の日本においてはこのような話が現実でした。それは、市場自体が盛り上がっていましたので、多くの銘柄の株価が上昇を続けました。その結果、株を長期で保有していたら資産がかなり増えたと言えるでしょう。ここで気をつける点は、長期投資という手法が良かったのではなく株価が上昇を続けるマーケットに資産運用を任せたという結果論と考えることが出来ます。また、長期投資についての特徴はリスクが少ないと考えられる金融商品を長期保有を行う点です。ここでのリスクは変動幅が少なく、儲けも損失も狭い幅で決まってしまうという意味をリスクが少ないと表現していると理解して下さい。このリスクが少ないという特徴は、長期投資においては大きな危険性を持っているのです。なぜなら、長期において市場が緩やかに低迷していけば損失も長期にわたって継続される事になります。つまり、長い期間かけて資金を減らす資産運用をしているのです。長期投資が悪いとは言いません。しかし、「長期投資=安全な資産運用」という図式はバブル時の特殊な状況が作り上げたものであり、現在の日本経済からすると幻想に近いものでしょう。ただし、海外においてはアジアなど市場が活発なところもありますので正しい情報と投資経験が豊富な方が長期投資を積極的に行っているケースもあります。長い目で見て市場が伸びるのであれば、資産運用の手段として活用しても良いでしょうが、浮き沈みが激しかったり将来への不安が懸念される市場については安易な投資は避けるべきでしょう。

持たざるリスクを理由に資産運用を始める注意点

950-B.jpg

出典:CCFácil

持たざるリスクとは、株式や投資信託、不動産投資信託などの銘柄での収益が魅力的であるにも関わらず、そのような投資をしないことです。 多くの場合、証券会社や雑誌などで「今のうちに株を買っておかないと持たざるリスクになりますよ。」という強く意識させられて、 周囲の人間が買っているのだから自分も乗り遅れないようにしようとなってしまう事が多いようです。 このような持たざるリスクについては、確実に当てはまるケースとそうでないケースが存在します。ここの部分を理解できれば、持たざるリスクについての焦りはかなり軽減されると思います。 まず、資産運用において、持たざるリスクがあるのは私たち個人投資家ではないと言えるでしょう。なぜなら、私たちは絶対に収益を上げなければいけない立場にはないからです。 もちろん、資産運用の視点で考えた場合は積極的に持たざるリスクについて考えるべきでしょう。 しかし、現実にはそのように加熱している市場で投資すれば高値でしか購入できずに結果的に損をすることもあるでしょう。 そうなれば、とりあえず持たない方が良いというケースも多いですので、個人投資家においては市場を見て持たない方がリスクを背負わない場合もあると考えることも出来ます。 では、持たざるリスクに確実に当てはまるのはどのようなケースでしょうか? それは、ファンドなどが他人のお金を預かって運用する場合です。 ファンドなどの資産運用は資産が増えなければ意味がありません。他人のお金を預かるプロは、常に収益を上げなければ組織が倒産しかねません。 そうならないためには何らかの投資に取り組まなければなりません。逆に、何の資産運用もしなければ収益ゼロとなるので持たざるリスクが発生するのです。 つまり、持たざるリスクが存在するのは私たち個人投資家ではなく資金を預かるプロ集団と言えるでしょう。

資産運用は楽をせずに自分のペースで

950-C.jpg

出典:三井ホーム株式会社

このように見ると、資産運用は焦って始めたり長期運用が必ずしも安全で正しいとは言い切れないことが理解できると思います。 投資をする場合に多いのが、強い思いこみや勘違いによる失敗です。先ほどのバブル時の話などが現在でも思いこみの原因に関与しています。特に、自分にとって都合のよい話は要注意です。 人間はお金が関係すると我を失いやすくなります。この点は、近年は行動経済学がわかりやすく説明しており、書店などでは初心者でも十分に理解できる入門書も多数ありますので1冊読んでみると良いでしょう。 また、資産運用で投資をする場合は投資の方法が大切です。何となく「株がよさそう」という勘や友人が投資信託で儲けたなど聞いて影響を受けることが多いでしょう。 しかし、投資で大切なことは自分が投資の内容や市場についてある一定の理解をしていなければなりません。そうでなければ結果を完全に他人や他の何かに依存する投資ではなくギャンブルと同じです。 まずは、思いこみで投資内容を決めるのではなく一般的な投資内容を一通り知って自分に向いていそうな投資を掘り下げて考えましょう。 そして、最初は欲を出さずに目標設定をする方が長く続くと思います。ファンドなどの利回りを目標として、無理な投資をしないようにするべきでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ