不動産投資におけるリスクとは?

空室によるリスク

902-A.jpg

出典:ZUU online

不動産投資は株やFXのように資産価値が頻繁に上下するような高いリスクを負って取引を行うような投資手法とは違い、初期投資額は大きくなりがちですが毎月安定した収入を得られるため、貯蓄に余裕のある方を中心に人気のある投資です。しかし、株やFXほどのリスクはないものの、投資である以上は一定のリスクが存在します。例えば、リスクの一つとして空室によるリスクが挙げられます。不動産投資はマンションやアパートを一棟全体、あるいは一部の部屋を購入し、部屋を貸し出すことによって家賃収入を得るものです。部屋が常に埋まっていてくれれば収入には困りませんが、実際のところ、そう上手くはいきません。特にマンションの一室だけを購入し、貸し出しを行う場合、収入源が一つしかないことになるので、入居者が居なければ収入はゼロです。せっかく不動産投資を始めたのに、収入がゼロでは浮かばれません。取るべき対策は物件ごとに異なりますが、一貫して気を付けるべきは立地選びでしょう。特にマンションやアパートの需要の有無は立地によって決まると言っても良いでしょう。需要がある立地は都道府県の主要都市に近い駅、あるいはそれらにアクセス出来る路線沿いの駅です。そして、駅に近い立地であればあるほど、需要はさらに高まると言って良いでしょう。こういった立地のマンションやアパートは非常に人気があるため、空室になるリスクは低いです。また、設備にも気を遣うと尚良いでしょう。特にバスルームやキッチンなど日常的に使用する設備が新しければ、需要は高まります。初期投資を惜しむばかりに立地や設備をケチった結果、収入が減ってしまう事態にもなりかねません。費用のかけすぎも、それはそれで問題ですが、安定した収入を得るためにある程度の費用はかけるべきです。また、不動産投資の経験が少なければサブリースを利用するのも一つの手です。サブリースは購入したマンションや部屋を業者に貸し出し、家賃の何割かを受け取るものです。メリットは空室の部屋も業者が一括で引き取ってくれるため、家賃収入に困るリスクが低いことです。デメリットとしては家賃の見直しがされるケースがあり、常に一定した家賃を得られるとは限らないことです。しかし、もし長期間の空室状態が続き、収入が減ってしまうリスクを考えると、サブリースを利用した方が長期的に見てお得であることもあるため、対策の一つとしては視野に入れておくべきです。また、サブリース業者は不動産を購入した時点で決まることも多いため、悪質な業者に捕まらないために不動産の購入の前にしっかりと下調べを行い、優良な業者を探すようにしましょう。

滞納リスクで収入減

902-B.jpg

出典:CCFácil

不動産投資における部屋の貸し出しは人とのやり取りである以上、必ず滞納をされるリスクが付き纏います。滞納の悪いところは、空室ならば入居者が現れればすぐに貸し出しをして収入が得られるのに比べて、入居者が存在しているがために新たに貸し出しを行うことも出来ず、収入の目処が立ちにくい点です。場合によっては取り立てを行なわなければならず、精神的な負担もかかりますし、万が一に夜逃げなどをされてしまえば、貸し出しをしていた一切の期間の収入がゼロです。 不動産投資をする際は、最初に不動産を購入する必要があり、初期投資額はかなり高くつきますので、一般的にはローンを組み、家賃収入を得ることでローンを返済していく流れとなります。そのため、家賃収入を得られないと、最悪ローンの返済が出来なくなってしまう可能性があります。 そのために取るべき対策は、入居者に対する事前調査をしっかり行うことです。入居を受け付ける前に、相手の職業などを聞いたり、相手の雰囲気をつかんでおくことで、大丈夫かそうではないかを漠然とでも判断しておくことが大切です。入居者に困っているからといって、支払い能力の無さそうな人を住まわせてしまえば、滞納リスクはますます高まるでしょう。 あるいは入居後のコミュニケーションも大切です。毎日話す必要はありませんが、一週間程度の間隔でこまめに連絡した方が良いでしょう。

修繕リスクで大幅支出

902-C.jpg

出典:株式会社フルキスペースデザイン

不動産を購入すれば、自分の所有物になりますので、当然修繕費用も自身の負担になります。マンションの一室などであれば、修繕はその一室だけで済みますが、マンション一棟など、建物丸ごとを購入すれば、当然建物全ての管理を行わなければなりません。そのため、地震などの災害によって建物が大きく傷めば、それに伴って修繕費用は莫大な金額になります。前述した通り、建物を購入する際はローンを組むのが一般的ですから、ローンがまだ残っているのに、更に修繕費用が上乗せされてしまうこともあり得ます。また、建物の老朽化でも、建物は傷みますので注意が必要です。 こういった費用は忘れたころに必要になることが多いため、あらかじめ先を見据えて修繕金を積み立てておくことが必要となります。 また、災害にあっても耐えられるような不動産選びをすることも重要です。不動産を購入する際に耐震設備がしっかりしているかなど、事前に調査をしておきましょう。特に中古マンションなどは築年数がかなり経っていることが多く、尚更に綿密な調査が必要となります 不動産購入は決して安い買い物ではありません。修繕費用のように追加的にかかる費用には大きなリスクが伴います。様々なトラブルに対応できるようにあらかじめ対策を練っておきましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ