資産運用は年間の取引回数を少なくする方法がおすすめ

資産運用は自分が主になって動かないやり方にしましょう

935-A.jpg

出典:LIFE STYLE PLUS

資産運用と聞くと「お金持ちのする事」とイメージする方が多いです。


確かに、資産家となれば自分の持っているお金を株式、債券、不動産等に変えて保有したり、投資のプロ集団であるファンドに預けたりするでしょう。しかし、私たちが金融機関に預ける貯金も一応利子がつきますので、実際は大きな収益にはなりませんが


資産運用の一つと言えるでしょう。他にも、株式、債券、FX、先物取引、投資信託、不動産投資信託、海外不動産等の投資手法がありますが、まずはその前提として考えるべき点をお伝えします。


それは「自分が中心となって資産運用しようとしない」というポイントです。


例えば、未経験者が株式を始めるにあたって「収益をしっかり上げよう」という目標を掲げて銘柄の中からハイリスクハイリターンの商品を候補とします。


そして、経済新聞やインターネットの経済ニュース、アナリストの分析や投資家が発信している情報などを日々集めたとします。このような事をしようとすれば、仕事と睡眠の時間以外全てを


株式投資の為に費やさなければならないでしょう。食事を食べながらインターネット検索をして、寝る前まで投資関係の雑誌を読む日々が続く状況を考えて下さい。


このような行動は資産運用をしているというより過酷な労働に近いでしょう。ごく一部の熱狂的な投資家以外は継続できないでしょうし、そのうち大きな見落としをして損失を出すでしょう。


資産運用は自分は何の努力もしなくて増やそうと考えるのも問題ですが、一日中そのために自分を犠牲にするやり方はもっと大きな問題です。


1日に数分情報をチェックしたり、知識や経験のないうちはファンドの力を借りながら


精神的、時間的に負担のかかりにくいような資産運用を始めましょう。

高い収益率を得るための資産運用は海外との取引です

935-B.jpg

出典:株式会社フルキスペースデザイン

ここでは、ハイリスクということを前提に投資をスタートして短期間に高い収益を得ている方法をお伝えします。


ただし、このような資産運用パターンは予測できない世界における社会情勢、経済情勢があるからこそ儲ける投資家と多大な損失を出す投資家の両方が存在します。


基本的にみなさんが儲けるというよりも、明暗が分かれる資産運用という点をお忘れのないようにして下さい。


まず、投資経験が浅いという時点で自分で全てをやろうというスタイルをやめて、ファンド選びに専念しましょう。


さらに、ファンドは海外の商品で収益がアップしているものを選びます。その時のポイントとしては、ある程度地域や国を自分で選ぶことです。例えば、ヨーロッパやアジア、イギリスやタイなどです。そして、ファンドに問い合わせをしたり情報を提供してもらいます。このときに、イギリスの商品を扱うファンドであればタイと比較してどこが良いか?タイの商品を扱うファンドであれば、イギリスと比較してどこが良いか?


という点を理解することに集中します。


当然、ファンドは自分が扱う商品が良いとアピールするでしょうが、このような比較をすることにより、デメリットについてしっかり理解できるようになります。


そのような作業を得て、投資する地域や国、業種を決めていくと良いでしょう。


特に投資をスタートしてすぐの方に多いのが、「最初に見た情報がフィリピンの商品を扱うファンドだった。」「高い収益率だけで決めた」「自分が好きな国を選んで社会情勢を考えなかった。」など分析を全くしてないケースが多いです。


収益率の高い海外商品に投資する場合は客観的な情報を集めましょう。

おすすめは、収益は低くても安定した収益を目指すべきです

935-C.jpg

出典:三井ホーム株式会社

先ほどお伝えしたような、収益率の高い商品は魅力的です。しかし、資産運用で最も


大切な事は「資産を減らさない」という姿勢です。海外商品と国内商品、他の投資内容を組み合わせているなら別ですが、海外のファンドのみに投資することは現実的にはリスクが高すぎると思います。


では、どのような資産運用がおすすめかといえば「一度買っても数年は寝かせる事ができるファンドに投資する。」やり方がおすすめです。


日本には、収益率は低く地味なファンドが継続的に収益を出しているものがあります。


このようなファンドに投資をすれば、数日に一回チェックすれば良いというほどの安心感を与えてくれるでしょう。


そして、安心して投資できれば売却したり他のファンドも探す必要もありません。


そうなれば、日々神経をすり減らして多くの取引をせずとも年間を通じて少ない取引回数で資産運用に取り組む事ができます。


投資のプロを目指したり、経済情勢やある特定の業界が過熱ムードになり株価が急上昇しているようなケースは別ですが、基本的には資産運用はゆったりとした取引回数で行えば、長期的に見て収益を手に入れることが可能と思います。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ