正直、不動産投資っておすすめなの?すすめる人とそうでない人の主張とは

不動産投資がおすすめの理由

1001-A.jpg

出典:三井ホーム株式会社

大家さんになった人は、最初、どのようなことがきっかけだったのでしょうか。
親や祖父母など、代々物件やマンション・アパートを持っていて、それを引き継いだ方も多くいます。
また、どこかで「不動産投資はおすすめだよ」と話を聞いたことから始めた方も多いようです。
大家さんが不動産投資をおすすめする理由は、どこにあるのでしょうか。
投資の要素がありながらも、ビジネスの要素が強い点も考えられます。
例えば、日本株などの株式投資は、売買のタイミングが良くないと、儲けることができません。
安く買って、高く売る、です。
不動産投資も、その点は株式投資と共通です。
例えば、物件を買った後、価値が下がってしまい、二束三文で売ってしまったら、高く買って安く売ることになりますから、失敗ですね。
不動産投資では、格安の物件を買って、値上げしたから売る、そのようにして利益(キャピタルゲイン)を得ることができます。
では、どうすれば、格安の物件を買うことができ、しかも、値上げしそうな物件を見極めることができるのでしょうか。
不動産投資の初心者ですと、その質問は答えづらいですよね。
キャピタルゲインだけを見ていると、不動産投資は、「儲かるのかなあ?景気、これからどうなるんだろう」と不安になるでしょう。
しかし、不動産投資には、キャピタルゲインのほかにも、収入を得る方法があります。
それは、インカムゲインと呼ばれるものです。
日本語でいうと「家賃収入」という言葉が分かりやすいでしょう。
物件を貸した人に家賃を払ってもらうことで、定期的に収入が入ってきます。
確かに、株主投資も年に1、2回、配当金や、会社によっては株主優待がもらえる特典があります。
業績次第では配当なしの会社も当然ありますし、株主優待を改悪する会社、そもそも用意していない会社もあります。
ですから、配当金や株主優待は不安定な収入であります。
それに比べると、家賃収入は借りる人が発生し、滞納がなければ、安定した収入を得ることができます。
募集をかけたり、お部屋のメンテナンスをしたり、借りる人とのコミュニケーションをとったりと、手間暇はかかりますが、不動産投資は、「やればやるだけ収入が得られる」と、やりがいを感じられるでしょう。

不動産投資をおすすめしない人の理由

1001-B.jpg

出典:株式会社コアー建築工房

不動産投資を「おすすめしない」と主張する人もいます。
これは、どういうことでしょうか。
もちろん、失敗のリスクがあります。
先に紹介したように、物件の価値の変動に振り回されることもあります。
性格や趣味・志向によっては、投資に向いていない人もいますので、そもそも、不動産投資というよりも、投資をしないほうが良いタイプの人には、おすすめできませんね。
ビジネスの視点で、不動産投資をおすすめしない方は、なぜなのでしょうか。
一つは、需要面のことです。
東京都心では、マンションが次々と建っています。
マンションが建つごとに、供給数が数百から大規模ならば、数千の単位で増えていくことになります。
便利な東京都心に住みたい人は相変わらず多いでしょうし、建物の老朽化が原因で建て替えるのなら、マンションに、とマンションを作るケースも多いです。
しかし、日本全体を見てみると、人口は減り続けています。
「こんなに供給数が増えても、需要あるのかな?」と不安になってもおかしくありませんね。
不動産投資において、需要と供給を見極めるのは、非常に重要なポイントとなってきます。
それが、株式投資など他の投資と異なる点ともいえるでしょう。
需要、つまり借りたい人のことです。
そして、需要があってもビジネスの面でおすすめしないと主張する人もいます。
例えば、借りたいと思っている人がいても、さらに、物件を気に入っていただいて、お互いに合意して契約に至るまで、工夫が必要です。
不動産投資はビジネスセンスが問われます。
「不動産投資はおすすめしない」と誰かに言われた場合、もしかしたら、あなたが「ビジネスって、お金儲けって苦手だなあ」、そんな意識を持っていると思われているのかもしれません。
ビジネスは誰でも最初は初心者ですから、そんなに気にしなくても良いのでしょうが。
不動産投資は、買ったら終わりではなく、買う前から作戦を立て、買った後もお金を増やすために作戦を立て、実行する必要があります。
それって、夢のあることに思えてきませんか?

海外不動産をおすすめする人もいる

1001-C.jpg

出典:finance singapore

不動産投資を行う人によっては、日本を飛び出し、人口が増えていく東南アジアなどで不動産投資を行う人もいます。
スピードを上げて街づくりの一環でマンションが建てられている都市もたくさんあります。
そういうところに目をつけて、「不動産投資なら、アジアがおすすめだよ」と薦める人も少なくありません。
海外の不動産投資だけでも本はたくさん発売されていますね。
いずれにしても、どの国の人にとっても住まいは必要不可欠なものです。
不動産投資、これからは「日本のどの都市で行うのか」に加え、「どの国のどの地域で行うのか」ということも考える人が増えていくでしょう。
日本にいるあなたも不動産投資のために海外視察、そんな日が遠くないかもしれません。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ