不動産投資でできる!節税対策の基本

不動産投資に期待できる節税効果

1006-A.jpg

出典:finance singapore

不動産投資は節税の期待できる資産運用方法だと言われています。


投資を行っていない人は自分の資産は現金で持っていたり銀行に預けていたりするだけですが、不動産投資を行っている人ではその資産の一部を不動産に代えています。


この不動産は投資をしたものなので、副収入として更に多くの現金が入ってくることもありますが、物件選びなどで失敗すると損をしてしまうことになります。


不動産投資での収入は給与だけでは生活が苦しいという人や、将来のために貯蓄を増やしたいという人が定期的な収益を得ることができるメリットのあるものです。


しかし、不動産投資を行うことで得る利益は全て自分の副収入になるのではなく、その一部は税金として納める必要があるものです。


不動産投資を行う際は、そのような支払う必要のある税金についても理解を深めておかなければなりません。


不動産投資での税金は節税することができるということをきちんと知っておかなければ、損をしてしまうことにもなります。


まずはどんな税金がどんな節税対策で節税できるかということをきちんと知っておかなければなりません。


節税は基本的に利益に対してかかるものだということをまず覚えておきましょう。


不動産投資の必要経費として認められているものの中には減価償却費や修繕費などの他、通信費や接待交際費という費用までが含まれています。


ただし、これらの必要経費には条件によって必要経費として計上できなくなるものもあるので注意しましょう。


節税対策をすれば必ず得をすると勘違いをしている方もいらっしゃるかもしれませんが、無理矢理修繕をするなどして節税した結果利益がゼロになり、税金を払った方が手元に残るお金は多かった、ということもあるのでケースバイケースであることを頭に入れておいてください。

相続税や贈与税の節税対策として有効

1006-B.jpg

出典:株式会社コアー建築工房

相続や贈与を行うことを考えている場合、亡くなるまで銀行に貯めこんでおくよりも生前に贈与しておくことをおすすめします。


今は銀行は低金利の時代であり、億単位の貯金があるから多く贈与することが可能であると思っていても、実際に相続や贈与を行ってみると思ったよりも少ない金額しか渡せないことがわかります。


億単位の資産が銀行に眠っていても、低金利だと貯金額を増やすことはできないのです。


貯金額が多ければ多いほど税金として持って行かれてしまう金額も多くなるため、できるだけ多くのお金を家族に残したいと思ったら早めに他の資産として不動産に替えておくのが良いでしょう。


相続や贈与の時に不動産を譲りたいと思っている場合は、路線価が80%程度になり現金で譲り渡す場合よりも特になるのです。


また、賃貸では借地権の都合により更に路線価が低くなるでしょう。


不動産を相続や贈与をした場合は、贈与された側は自分の好きなタイミングで売却して現金に替えることもできます。


更に、まだ不動産投資ローンを支払っている途中で不動産投資を行っている本人が亡くなり死亡後に相続される時には、銀行から借り入れをした時に加入した保険からローンの残金が支払われるので、家族には残金の支払い義務は生じません。


将来できるだけ家族に多くの資産を譲り渡したければ、早めに相続税や贈与税対策を行うことで節税効果が得られて家族の得になるでしょう。

損益通算で節税しよう

1006-C.jpg

出典:イエタッタ

損益通算とは、黒字のものと赤字のものを合算して計算することです。


税金は利益に対してかかるものなので、黒字から赤字を差し引いて黒字の数字が小さくなったら、当然支払う金額は少なくて済むのです。


この損益通算は複数の不動産に投資していて片方の不動産では利益の方が大きいのにもう片方の不動産は損失の金額の方が大きいという時に使える他、給与所得とも合算して計算することができます。


中には不動産所得だけで生活しているという人もいるかと思いますが、ほとんどの不動産投資家は副収入を得るために不動産投資を行っていて、サラリーマンなど他に本業があるのではないでしょうか。


この会社からもらっている給与は必ず黒字で赤字になることはないため、不動産投資で損失が発生して赤字になった時に黒字の給与から赤字の不動産投資の損失を差し引くことで、課税所得が少なくなります。


給与と合算する損益通算は給与が高ければ高いほど節税効果が高いと言われています。


給与が多いとそれだけかかる税金も多くなるので、合算することで不動産投資のマイナスとなってしまった分をカバーすることができるのです。


損益通算は便利ですが、できれば給与も不動産投資もどちらも黒字で利益が得られるようにしたいものです。


他にも住民税から消費税の節税に至るまで色々な節税方法があるので、不動産投資を行う時には節税方法についての知識も身につけて、できるだけ損をしないような投資を工夫して行ってみてください。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ