成功する不動産投資家になるために。不動産投資で儲かるためのポイント

不動産投資が儲からないという人の投資の特徴とは?

1009-A.jpg

出典:FULFILLING HAPPINESS

不動産投資は儲かる投資方法の一つです。


しかし、中にはその不動産投資で失敗して損をしてしまう人もいます。


そのような不動産投資で儲からない人にはどのような特徴があるのでしょうか。


不動産投資で失敗する人は、まず勉強不足のまま不動産投資を始めてしまう人が多いです。


物件の購入費以外にも発生する費用のことをわかっていなかったり、正しい知識もないまま始めたために不動産投資会社に勧められるままに儲からない物件を購入するなど、ベテランから見るとすぐにわかる失敗の原因となった行動があるはずです。


そのような勉強不足の不動産投資家の中には、表面利回りがそのまま純粋な利益になるという勘違いをして、不動産取得税など物件の購入費以外にもかかる税金などは頭に入れていないという人もいます。


かかる費用を計算に入れていないと、これだけ利益が出ると思っていた利益の金額がどんどん小さくなり、結果的にあまり儲からなかったり逆に損をしてしまう可能性もあります。


また、自分で調べずに与えられた情報を素直に受け取るだけの人も不動産投資では失敗します。


不動産投資会社の営業が勧めてくる物件の全てが儲かる物件であるかというとそうではないので、儲からない物件を勧められた時にこの物件には投資しない方が良いという判断が自分でできなければ、失敗する可能性も高くなってしまうのです。


ある程度勉強して知識を身につけてから具体的な物件選びをした方が失敗は少なくなるので、どのような物件には手を出さない方が良いのかしっかり勉強しましょう。

不動産投資が儲からないという人の投資の特徴とは?

1009-B.jpg

出典:株式会社コアー建築工房

不動産投資で購入した物件も購入してから時間が経つにつれて、どんどん老朽化していきます。


そこで、良い状態を維持するためや入居者に入ってもらえる良い物件に見せるためにはリフォームやリノベーションをしていくことが大切になります。


しかし、このリフォームは必要なものではあるのですが、やりすぎには注意しなければなりません。


リフォームは高額な費用のかかるものなので、手を加えることばかりを考えるとせっかく儲かるはずだった投資がマイナスになってしまうこともあります。


不動産投資に成功して儲けたいと思っていたら見た目を良くするためのリフォームは最低限に抑え、他の必要な部分にかける現金がなくならないようにするのが良いでしょう。


今は良いかもしれませんが、いずれ建物にヒビが入ったり雨漏れするということが起こらないとも限りません。


リフォームにお金をかけすぎたために、問題のある部分を直すための修繕費がない、ということになったら困ります。


特に、入居者がいない状態が続くとリフォームの高額な費用がかかるだけでなく、不動産投資によって入ってくる収入もなく、負担する金額は高くなります。


また、入居者が入らないようなボロ物件を買ってしまった時には、リフォームで綺麗にして何とか入居者に入ってもらいたいと思うかもしれませんが、物件はリフォームを続けても限界があるので、そのリフォームが無駄に終わってしまうこともあります。


リフォームやリノベーションを検討している時には、それは本当に必要な投資かということを再度冷静になって考えてみるのが良いでしょう。

不動産投資で儲けるためには物件選びが重要

1009-C.jpg

出典:イエタッタ

不動産投資で一番重要なのが、最初の物件選びです。


この物件選びによって、不動産投資が儲かるか儲からないかということを左右することになります。


絶対に選んではいけないのは、リフォームやリノベーションをしてもあまり意味がないくらいのボロ物件や、駅から30分も歩いたり、周りに騒音がする場所があるような物件です。


このような物件は「自分が住みたいか」という視点で考えた時に、まず住みたいとは思えない場所であるのではないでしょうか。


ボロ物件にはあまり手を出さない方が良いですが、物件によっては修繕して相場より賃料を1~2割程度安い金額に設定すれば入居者は確実に入ります。


ボロ物件を購入する時には、修繕ができそうな物件であるかということを見極めることが大切です。


更にお金をかけることを節約したければ、できる範囲のリノベーションは自分で行うといった方法もあります。


不動産投資をする時には物件の新しさや立地はもちろん、規模も悩むところです。


特に初心者には、ワンルームマンションから不動産投資をしていくことをおすすめします。


ワンルームマンションでは防犯のためのオートロックなどや防犯カメラなどの充実した設備も一緒に使えます。


そういった設備がついたマンションは入居者が入りやすく、自分で負担する費用はほとんどないといった点でもメリットは大きいです。


不動産投資で儲けたいと思っていたら、物件選びは慎重に行い自分が直接足を運んで実際に見てから購入を決めることをおすすめします。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ